共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

投資・年金

買付停止は繰り返される!ジェイクールを評価してみた【SBI小型成長株】

2018年1月末に買付停止。3月6日から販売を再開。そしてまた買付停止になる投資信託。それが "SBI小型成長株ファンドジェイクール" 買付停止の理由は売れなくなったからじゃない。 むしろその逆。 売れ過ぎたことによって、小型成長株を買い付けるファンドと…

58歳からの老後資金準備!オカンがNISAで投資をはじめたので内容を記録していく

カッコいい言い方をするならフリーランスのうちのオカン。オトンの給与で生活は基本成り立っていて。 だから貯金だけが増えていく。 銀行へ行けばやたらと資産運用を勧められる。手数料がやけに高いぼったくりファンドを。 『断ってるよ』 そう言いながらも…

2018年ドリームジャンボ宝くじの確率は?当選金額と本数から期待値を計算した【今年は4月に発売!】

新生活がはじまる4月。 慣れない社会人生活に戸惑いを覚える方もいるだろう。そんなストレスや不安はドリームジャンボで吹き飛ばせばそう。 1等金額は3億円。前後賞を合わせれば5億円 2億5千万ともいわれる生涯賃金。 一気にその2倍をたたき出す。 労働から…

楽天証券のiDeCoの引落金融機関を楽天銀行に変更!やり方と流れをメモしておく

楽天証券でiDeCoをしている自分。 www.shunpon.com 毎月26日に引落とし。 引落としの銀行口座は三菱東京UFJ銀行。そうしたかったわけではなく何故かiDeCoの引落はネット銀行の多くが不可だったから。 ちなみに嫁の給与口座『埼玉りそな銀行』も何故かNGだ…

最大レバレッジは何倍?ブル・ベア型の投資信託をまとめてみた

ブルは上昇 ベアは下落 上昇局面、下落局面そのどちらでも、投資家は儲けることができるのだ。 (SBI証券 の販売ランキングでは常に上位のブル型) 3倍、4倍。レバレッジをかけることで夢が膨らむ投資商品。その投機性も相まって、人気がある事だけは事実であ…

老後破産を防ごう!年金の受給額を増やす方法をまとめていく

以前僕は下記記事で年金の平均金額を調べた。 www.shunpon.com 最新のデータとなる『平成28年度 厚生年金保険、国民年金事業の概況』を見てみると 平成28年度の平均年金支給額は ・国民年金の平均が55,464円 ・厚生年金は147,927円(国民年金部分含む) 以上で…

【レバレッジETF】悪魔的魅力!SPXLのリスクとリターンを分析してみた

SPXLの基本的な情報 信託期間 無期限(設定日は2008年11月5日) ベンチマーク S&P500 (日々の値動きに対して3倍) 経費率 0.95% 購入 1株単位 取引可能な証券会社 SBI証券 楽天証券 (自分はここで。楽天ポイントも) マネックス証券 過去5年リターン 39.88%…

楽天証券でiDeCoの商品スイッチングをしたのでやり方と流れを書いていきます

iDeCo(確定拠出年金)は ・何度でも ・非課税枠内で 商品の入れ替えができる。 つみたてNISAとの1番の違いはここ。 だからトレンドを追いかけることもできるのだ。 2017年にはその運用商品を"三井住友DC外国リートインデックス"で運用していた自分。 ただし昨…

【2月5日】相場急落!下げ相場でも儲かるor下落しない投資信託はあるのかを調べてみた

"ほったらかしましょう。資産はそれで成長します" 良く言われるその言葉。 そうかそうか。下落相場が来ても、ほったらかせばいいのか。そんなことを考えて安心する。 でも実際それが起きると… どんどん目減りする保有資産。少し恐い。 みんな同じだからとあ…

楽天経済圏とは何なのか。僕の華麗なる生活を紹介する

朝のサークルKのレジ。現金でコーヒーとパンを買う社会人を見て、ついつい笑みがこぼれてしまう。 『ああ、この人も"知らない"んだ。』 隣のレジで楽天Edyによるスマートな支払いを済ませてしまう僕。時間のかからない会計に店員さんもニッコリ笑顔。Good mo…

自分は年金いくらもらえる?国民年金と厚生年金受給額の年収別早見表【最新年度2018年版】

(国民年金と厚生年金の受給額早見表を作りました) 2つを足した額が65歳からの受給額になります。 厚生年金を払っている=その期間中は国民年金も払っていると考えてOKです。 www.shunpon.com 以前上の記事で年金の平均について調べてみた。そこで主にわかっ…

年金の平均はいくら?最新の平均支給額を確認してみた【各世帯別】

(厚生労働省 平成30年度の年金額改定より) 2018年の年金額改定が厚生労働省より発表された。今年は去年と変わらない。 ・国民年金の支給額は64,941円(満額納付時) ・厚生年金の標準支給額は156,336円(年収513万×40年) (※上表の厚生年金額221,277は夫婦合わせ…

2018年版!学資保険の返礼率ランキング!(17歳or18歳払い)【かんぽからJAまで】

以前この記事で、学資保険が必要かどうかを考えた www.shunpon.com 必要性は認めながらも ・我が家は共働き。どちらが倒れてもまあ大丈夫 ・自分で貯蓄をすることができている そんなことより加入は見送ることに決めたわけだ。 何より気になったのはその返礼…

2018年スタート!つみたてNISAの選び方とおすすめ商品を厳選した

2018年からはじまったつみたてNISA。1月時点でその口座数は20万近くにも達したことが発表された。 www.nikkei.com ・年間40万円の投資枠で非課税期間は20年 ・売買益や分配金が非課税対象 ・投資可能期間は2018年~2037年の20年間(現行の制度だと年を追うご…

2018年最新版!年収別の手取金額の一覧 早見表【独身or共働き】

(年収別手取り早見表:金額はあくまで概算値) 額面422万に対して345万円の手取り。それが2017年の僕の年収だ。30手前なら平均的。 勘のいい方なら"年収に対して手取りが多い?" そんなふうに思う方がいるかもしれない。 2,000万ほどある住宅ローン。そのおか…

リーマンショックはどれだけの年月相場に影響をもたらしたのか、今一度株価を見て振り返る

乱高下する仮想通貨の相場。それを見て多くのインフルエンサーが繰り返した言葉がある。 『ガチホしましょう』 ガチホ。それはガチなホールド。 ずっと持っていればいつか上がっていく。だからこのまま持っていよう。 その言葉。ある種、信仰めいたもの。 で…

子供に学資保険は必要か。メリットとデメリットを比較して考えてみた

(ざっくり学資保険のメリットとデメリット) 聞いてみると、意外とみんな入っている。 『俺は保険には入っていない!』そんなことをいう人でも学資保険だけは加入していたりする。 やっぱり子供は何より大事。ひもじい思いはさせたくないのはどんな親も一緒な…

フロンティア市場に投資したい!インデックス投資からアクティブファンドまでまとめてみた

2017年は上がり続けた株式市場。 日本の中小株、またアメリカ株が大きく注目を浴びた中で圧倒的な成長をした資産クラスがある。 それが新興国株式だ。 先進国の株価に割高さが叫ばれるほど、その注目度は更に増す。今後多くのカネが集まりそう。 でもあまの…

投資信託の買い時はいつ?今は割高で買うべきじゃない?それでも僕が積み立てる理由。

結論なんてない。 そうはじめから言っておこう。だけれど思うところを書いていく。まぁブログだからそんなのもいいよね。 i-mizuho米国株式インデックスは確かにいい商品ですね。 ただし私、今は投資するべきではないと判断して買うのを先送りすることにしま…

【BIG】totoBIGの確率や期待値を全部計算して比較してみた【100円BIG、BIG1000、miniBIG】

(楽天totoからのメール) 年に50回ほどの開催。だいたい週に1回のペース。 当選通知メールを開くたびにドキドキしている。当たらなくてもそれは来る。今までは5等(880円)が最高。それもたった1度の当たりだけ。 まず当たらない。そんなことは分かっている。…

2018年バレンタインジャンボ宝くじの確率は?当選本数と金額から期待値までを計算してみた【さよならグリーンジャンボ】

・2月に発売のグリーンジャンボ ・5月に発売のドリームジャンボ ・夏に発売サマージャンボ ・秋に発売オータムジャンボ ・そして最後に年末ジャンボ これがいわゆる5大ジャンボ宝くじ。しばらく続いてきた宝くじの伝統だ。 いつもは楽天totoしか買わない自…

イデコはどこがいい?確定拠出年金(iDeCo)金融機関を徹底比較!

専業主婦、公務員も昨年から加入できるようになった確定拠出年金。個人型の加入者数はついに70万人を突破した(H29.11時点) (厚生労働省HPより) カトパンのTVCMも放送中だ。テレビではイデコという単語を使っているがネットを見ると違う言葉も。 iDeCo(イデ…

平成29年度の貯蓄平均は1151万円!年代別貯蓄額と年間貯金額の平均を調べてみた

5,881,242円から9,689,308円へ。 380万の増加。収入に対して40%ほどの貯蓄。 それが2017年我が家の年間貯金額。(但し住宅ローンは2,300万円以上ある) 嫁さんが育児休業に入り収入減。でも ・児童手当が4ヶ月に1回6万円(月15,000円) ・育児休業中には給付金(…

2018年iDeCo!大和証券の確定拠出年金おすすめ商品を厳選しました【イデコ】

野村、大和、SMBC日興、みずほ、三菱モルガン。 国内5大証券の競争は常に激しい。 特筆すべきはラップ口座。証券会社が投資家から資金を預かって運用を行うサービスだが、市場全体残高の9割が上にあげた5社で占めるとも言われるほど。 そしてその競争で長期…

2018年確定拠出年金!イオン銀行のiDeCoおすすめ商品を厳選した【イデコ】

商業と金融の融合。それがイオン銀行のコンセプト。 大規模商業施設の中に入る金融機関の窓口。誰もが1度くらいはみたことがあるはずだ。もちろんイオン内には無料ATMも設置される。 わざわざ銀行に行かなくともお金のやりとりができること。それはネット証…

マネックス証券確定拠出年金!2018年のおすすめ商品を厳選した【イデコ】

昨年からのイデコ参入となったマネックス証券。 その低コスト商品のラインナップは自分を沸かせた。 ・iDeCoは楽天証券かSBI証券 その2択から加わったもう1つの選択肢。今後ますます3社のコスト競争は過熱を究めていきそうだ。 www.shunpon.com (こちらの…

2018年楽天証券イデコ!確定拠出年金のおすすめ商品を厳選した【iDeCo】

ネット証券といえばSBI、そして有名所がもう1つ。 それが楽天証券 だ。 兼ねてからこの2大証券会社。 互いにその低コストな手数料を武器として戦いを演じてきた。もちろんそれは加入者が現在進行形で増えているiDeCoについても同じこと。 ここでの加入者勝…

2018年確定拠出年金!SBI証券のiDeCoおすすめ商品を厳選しました【イデコ】

昨年から専業主婦や公務員も加入できるようになったiDeCo。加入者は順調に増加傾向(2017年上半期のみで25万人増加)で今年も始める方は多いはず。 SBI証券はそんな確定拠出年金をスタートする金融機関として人気のあるネット証券だ。(私は楽天ポイントキャン…

投資信託のみ!アメリカ株へのインデックスファンドのおすすめを決定する

・日本の株はいつだってアメリカ株に連動する。だから結局アメリカ株だけ持てばいい ・世界時価総額の半数以上をアメリカが占めるから そんな理由でアメリカ株の投信を持つ人は数多い。何を言おう。自分もその内の1人である。 毎月20万円をiFreeS&P500インデ…

【アクティブファンド】インド株へのおすすめ投資信託を厳選してみる

以前こちらの記事にてインド株に対してのインデックス投資についてを考えてみた。 www.shunpon.com インド株へ連動するインデックス投資信託は無い。国内ETFか海外ETFに投資手法は限られる。 ・お手軽な手数料 ・割安な信託報酬 以上2点より国内ETF ・1678 N…