共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

遂に登場!iPhone7を購入できる格安SIMを比較

iPhone7は使い勝手が非常にいいです。

『FeliCa』に対応したチップが埋め込まれたことでおサイフケータイ化したことはもちろんですが、初の防水防塵対応にも対応しました。

お風呂でもスマホが触れます。

ホームボタンが感圧式になったことで 、物理式のボタンと違い

・軽く触れる

・端を少し触る

だけでも反応するようになりました。

自分も現在iPhone7を使っていますが、6に比べて電池の伸びも明らかに改善が分かります。

 

iPhone7を購入できる格安SIMを比較

そんなiPhone7ですがついに格安SIMで取り扱いがされました。

セットで1番お得に買いたい。

この記事ではiPhone7を購入できる格安SIM(MVNO)の比較をしていきます。

比較をした格安SIMは以下の通り

UQモバイル

ワイモバイル

BIGLOBEモバイル

mineo

J:コムモバイル

 

またはじめに結論から伝えておくと

 

iPhone7を使う場合はBIGLOBEモバイルが1番お得です。32GBのiPhone7を毎月3,730円から利用ができます。

12月20日から契約がスタートします。

 

 

UQモバイル

uqmobile-iphone7

どこよりも速度が速くて人気のUQモバイル

・iPhone7(32GB/128GB)

をセットで購入して契約することができます。

iPhone7の割引率が2番目に高くでありiPhone7 32GBなら毎月3,780円から利用ができます。ただし

 ・5分以内国内通話が何度でも無料のおしゃべりプラン

 ・無料通話時間が付与されるピッタリプラン

 どちらかのプランを選ぶ必要があります。いずれのプランも2年契約で更新月以外の解約をすると9,500円違約金が発生することには注意してください。

 

UQモバイルの魅力

どの格安SIMよりも速度が速い

iPhoneでもテザリングが利用できる

クレカなしOK。口座振替も対応

カラーはジェットブラック、ブラック、シルバー,ゴールド,ローズゴールドから選択が可能です。

AppleCareへの加入は可能です。

 

ワイモバイル

ymobile-iphone7

 店舗が多くて安心できるワイモバイル

・iPhone7(32GB/128GB)

 をセットで購入して契約することができます。

UQモバイルと同等の値引きがされておりiPhone7 32GBを月々3,780円から運用が可能です。

UQモバイルと同じく+500円払うことでメモリを32GBから128GBへすることができます。128GB容量があれば50時間以上の動画保存も可能です。

またワイモバイルでiPhoneを購入する場合もスマホプランへの契約が必須です。

契約期間は2年であり、更新月以外の解約をすると9,500円違約金が発生することには注意してください。

 

ワイモバイルの魅力

店舗が多いから迷った時にきける

他の格安SIMとは一線を画す速度

1000円でかけ放題サービスもあり

カラーはジェットブラック、ブラック、シルバー,ゴールド,ローズゴールドから選択が可能です。

 

BIGLOBEモバイル

biglobemobile-iphone7

 エンタメフリーオプション(別途480円)をつければYoutubeやAbemaTVなどの動画や音楽が無制限で使い放題になるBIGLOBEモバイル

・iPhone7(32GB/128GB)

をセットで購入して契約することができます。32GBの販売は終了しました。

BIGLOBEモバイルのiPhone7セットプランは他の格安SIMと比べて最安です。

iPhone7 32GBを3,730円から運用できます。

・10分以内国内通話が何度でも無料のプラン

・最大90分の国内通話が無料のプラン

どちらかのプランを選ぶ必要がありいずれのプランも2年契約です。

 

またiPhoneセット購入の場合はau回線を利用する「タイプA」の契約のみとなり、ドコモ回線を利用する「タイプD」の契約はできません。

更新月以外の解約をすると6.000円違約金が発生。

1年以下の解約の場合は更に8,000円がかかります。

 

BIGLOBEモバイルの魅力

エンタメフリーオプションがある

20GB以上の大容量プランも選べる

格安SIMの中では回線が早い

カラーはジェットブラック、ブラック、シルバー,ゴールド,ローズゴールドから選択が可能です。

AppleCareへの加入は可能です。

 

mineo

mineo-iphone7

パケットを分け合えることで人気のあるmineo

・iPhone7(128GB/256GB)

をセットで購入して契約することができます。

機種割引はほぼないですが、もともとのプランが安いので月額料金を抑えられます

iPhone7 128GBを毎月3,950円から運用できます。

料金表はデータ通信プランとなっており、音声通話プランはこの金額に610円プラスとなります。

 

ただし現状iPhone7は売切れしており、在庫限りとHP上でもうたっていることからも再販は厳しそうです。

 

mineoの魅力

高速通信と低速通信を切り替えることができる

パケットを家族だけでなくて友人にも分けられる

契約期間の縛りがない

販売時はカラーが限定されていました。

AppleCareへの加入は可能です。(自分で申し込み)

 

J:COMモバイル

f:id:shunpon:20181020145132p:plain

テレビやネットと加入することでお得なJ:コムモバイル

・iPhone7(128GB)

をセットで購入して契約することができます。

iPhone7を買うことができる数少ない格安SIMですが契約には注意が必要です。

まず48ヶ月での契約となること。月々1,500円ですが支払が4年間続きます。次に、購入できるiPhoneはリファービッシュ品だということ。

リファービッシュ品とは初期不良で返品されたものを修理・調整して再出荷したもののことです。

 

それにもかかわらず価格は72,000円とAppleストアでは同じモデルを買う場合(¥61,800)よりも高いです。

月額1,980円~という表示も同社の光回線またTVサービスを加入した場合ということに気を付けてください。

 

ジェイコムモバイルの特徴

iPhone7をセット購入することができる

ただし新品ではなくリファービッシュ品

価格は新品で買うのよりも高い

正直なところジェイコムモバイルは全くおすすめできません。契約するとしても2年以降も料金の代わらない500MBにするべきです。

 

 まとめ

 

iPhone7をセット購入できる格安SIMの6社について

・iPhoneの機種料金を含めた月額

・各社のプラン内容

をまとめました。

 

iPhone7はBIGLOBEモバイルが一番安いです

biglobemobile-iphone7

iPhone7 32GBを機種代含めて月々3,730円から利用することができます。

使っている人はあまり多くないですが、親会社はKDDIでしっかりとしていますし速度もまずまず。

何より月額480円のエンタメフリーオプションが素晴らしい

専用の通信帯域を確保して提供されているのでYoutubeがサクサク閲覧可能です。

 

そして月額はBIGLOBEモバイルに比べて50円高くなりますが、UQモバイルワイモバイルも回線の安定度を考えると十分にコスパは優れています。

店舗が多くあるので何かあれば聞きにいけるのもメリットです。発売は全て2018年12月20日から。売切れには要注意

こちらの記事ではiPhone全体の格安SIM比較

こちらの記事ではiPhone6シリーズの比較

こちらの記事ではiPhoneSEの格安SIM比較

をしています

 それでは快適なiPhoneライフを!