共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

50歳代の平均年収と手取りはいくら?最新年度の統計から中央値まで調べてみた

定年は見えても老後が見えない50代

早期退職や役職定年。期待していたほどの年収へなっていかない現実。60過ぎまで働く未来も見えてくる。

 

予定していないことが起きる時期でもある

親の介護。そして自らの体調不良。

厚生労働省の資料によれば40代では年間3万円ほどの自己負担医療費。50代後半ではその平均は倍近くにとなっている。

そんなことを考えていると気になった。

 

・50代の平均年収はいくらなの?

・実際の手取りはどれくらい?

 

 

50代の年収の平均値と中央値を調べてみた

f:id:shunpon:20180417002218p:plain

国税庁の民間給与実態統計調査(平成28年度)を参考に50代の平均年収について調べてみた。

50代前半の平均年収は504万円

・男性の平均が661万円

・女性の平均は296万円

 

50代後半の平均年収は494万円

・男性の平均が649万円

・女性の平均は288万円

 

以上の通りだ。

50代前半が全年代別で最も年収の高い時期になる。ただし後半、ついに年収は下がり始める。定年の延長制度などもあり雇用期間は長くなった。しかし裏ではそんな事態も起きているのだ。

各年齢別の平均についてもおおよその数字を割り出してみた。

 

各年齢別の年収平均予測値 

50歳の平均年収は約500万円 

51歳の平均年収は約502万円

52歳の平均年収は約504万円

53歳の平均年収は約502万円

54歳の平均年収は約500万円

55歳の平均年収は約498万円

56歳の平均年収は約496万円

57歳の平均年収は約494万円

58歳の平均年収は約470.8万円

59歳の平均年収は約447.6万円

 

 以上が年齢別の平均年収の目安だ。

また、いわゆる普通の人。

集団の分布の真ん中に来る中央値については

・50代前半で552万円

・50代後半で516万円

となっている。

 

各世代別の平均年収は以下の通り

f:id:shunpon:20180417003055p:plain

・20代前半は258万円で後半は351万円

・30代前半は403万円で後半は433万円

・40代前半は460万円で後半は494万円

・50代前半は504万円で後半は494万円

 

賃金カープとしては20代前半から50代前半までにかけては上昇していき、それ以降はゆるやかに下降していくイメージだ。

 

 自分の年収の適正値を知ろう!

 MIIDAS(ミーダス) を利用することで

・自分の市場価値を知ることができ

・具体的なあなたの年収を診断してくれる

 過去7万人の就職実績も公開されていて分と同じタイプの人間がどんな仕事に転職しているか」

それを知れるのも面白い。

一度、無料で登録 してみてはどうだろうか。

 

高校卒・大学卒などの学歴ごとの平均は

f:id:shunpon:20180417003241p:plain

次に学歴別での平均年収をチェックしてみた。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、その12倍をした数字を年収として概算で算出した。

 

50代前半の学歴別平均年収は

・大学卒男性は639.96万円 女性は461.16万円

・高専・短大卒男性は479.76万円 女性は345.72万円

・高校卒男性は421.32万円 女性は272.76万円

 

50代後半の学歴別平均年収は

・大学卒男性は615.72万円 女性は455.88万円

・高専・短大卒男性は475.8万円 女性は343.8万円

・高校卒男性は415.2万円 女性は270.96万円

 

年齢を重ねるごとに大学卒と高校卒の平均年収は広がり続ける傾向にある。

全年代での学歴別平均年収は

・大学卒男性は477.24万円 女性は349.8万円

・高専・短大卒男性は373.2万円 女性は305.76万円

・高校卒男性は348.84万円 女性は253.08万円

 

中小企業・大手企業別での平均は

企業規模別ごとにもチェックをした。

こちらも厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、その12倍をした数字を年収として概算で算出。

f:id:shunpon:20180417003444p:plain

50代前半の企業規模別平均年収は

・大企業男性は600.48万円 女性は364.8万円

・中企業男性は477.84万円 女性は316.92万円

・小企業男性は404.16万円 女性は289.08万円

 

50代後半の企業規模別平均年収は

・大企業男性は577.92万円 女性は354.6万円

・中企業男性は475.32万円 女性は309.48万円

・小企業男性は407.04万円 女性は288.12万円

 

企業規模が違うことによる収入格差も定年までの年齢を重ねるほどに開いていく。

全年代での企業規模別平均年収は

・大企業男性は459.96万円 女性は324.96.万円

・中企業男性は381.96万円 女性は289.68万円

・小企業男性は352.32万円 女性は267.6万円

 

都道府県別の平均は?

f:id:shunpon:20180417003736p:plain

都道府県別の給与金額も厚生労働省の資料にある。

あくまで概算となるが国税庁の調査も参照をして50代前半、後半のそれぞれの都道府県別年収についても算出をした。

 

50代前半、後半とも最も年収が高くなるのは東京都。

平均年収が600万を超える一方で青森県は400万以下。

また、平均を超える都道府県は「千葉」「東京」「神奈川」「愛知」「京都」「大阪」の6つのみ。

地方間での給与格差はどんどん広がる傾向だ。

 

50代の平均手取はどれくらいになる?

 

50代前半の平均年収は504万円で50代後半の平均年収は494万円であることがわかった。

次は実際の手取について確認をしていく。

 

前提条件として

・独身で住まいは東京

・控除は社会保険料など基本的なものだけ

・給与と賞与のバランス:賞与が給与の2.5か月分

以上を仮定して手取金額の算出をしてみた。

 

50代前半の平均手取り目安 3,985,862円

f:id:shunpon:20180417005112p:plain

給与(額面296,470)の手取りは232,457円

・健康保険料が14,850円

・介護保険が2,355円

・厚生年金が27,450円

・雇用保険が889円

・所得税が6,530円

・住民税が11,939円

以上64,013円が控除される。

 

賞与(額面741,180)の手取りは602,985円

・健康保険料が36,679円

・介護保険が5,817円

・厚生年金が67,801円

・雇用保険が2,224円

・所得税が25,674円

以上138,195円が控除される。

年収504万に対して手取りは399万円程。(79.1%)

 

50代後半の平均手取り目安 3,905,936円

f:id:shunpon:20180417004225p:plain

給与(額面290,588)の手取りは227,120円

・健康保険料が14,850円

・介護保険が2,355円

・厚生年金が27,450円

・雇用保険が872円

・所得税が6,420円

・住民税が11,521円

以上63,468円が控除される。

 

賞与(額面726,472)の手取りは591,062円

・健康保険料が35,937円

・介護保険が5,699円

・厚生年金が66,429円

・雇用保険が2,179円

・所得税が25,166円

以上135,410円が控除される。

年収494万に対して手取りは391万円程。(79.1%)

 

社会保険として、健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険が徴収され税金は、所得税、住民税が徴収される。

50代平均年収での手取比率は79%程。収入があがればどんどん手取り比率は下がっていく。

 

50代必見!手取り比率を高める方法

収入が大きくなるほど引かれるものが増えていく。

なので手取は増えにくい。

社会保険料は個人の意思で減らすことは難しいが税金に関しては工夫次第で節税できる。

老後を見据えてやっておくべき2つをご紹介。

 

iDeCo(確定拠出年金)を検討する

f:id:shunpon:20180411225525p:plain

(iDeCo節税早見表)

イデコ=個人型確定拠出年金。

毎月5,000円から1,000円単位でお金を積み立て、"金融商品"で運用する。投資信託のような値動きするものもあれば、定期預金のタイプもある。

その商品を選択するのは自分自身だ。

 

何がいいのかというと

・全額所得控除の対象になるということ

つまり住民税と所得税が安くなる。年収420万ほどの僕でも6,800円ほどの節税ができている。

 

また50歳代から初めて加入する場合は「通算加入者等期間」というルールを知っておくこと

簡単に説明をするとiDeCoは10年以上掛け金を積み立てている期間がない場合、60歳からの受取ができない。加入期間によって1番遅い場合は65歳からの受取になってしまう。

受取の条件は以下の通り

・8年以上10年未満⇒61歳から受取OK

・6年以上8年未満⇒62歳から受取OK

・4年以上6年未満⇒63歳から受取OK

・2年以上4年未満⇒64歳から受取OK

・1ヶ月以上2年未満⇒65歳から受取OK

 

62歳から受取可能な54歳未満かどうか。

それがiDeCoをはじめる一つの目安だ。

www.shunpon.com

 ちなみに僕は楽天ポイントがつく楽天証券で運用中。

 

ふるさと納税をする

f:id:shunpon:20180411230616p:plain

(楽天ふるさと納税ランキング)

ふるさと納税とは自治体に寄附をするとお礼として特産品がもらえる制度。

(寄付した金額の合計ー2,000円)の金額が翌年の住民税、所得税から還付形式で控除される。

また、楽天ふるさと納税を利用すれば楽天市場と同じように楽天ポイントがもらえる。なので実質負担は無料にできる。

 

 年収500万でも6万3,000円ほどは寄付できて6万1,000円の節税にも。一度シミュレーションをしてみよう。

 

50代の職種・業種別平均年収ランキング

50代の職種別と業種別の平均年収ランキングがDODAより発表されている。一部をご紹介。

 

50代で平均年収が高い職種

・1位は戦略・経営コンサルタント 1,111万円

・2位は営業ー証券 969万円

・3位は営業ー医療品メーカー 958万円

・4位は臨床開発/治験 956万円

・5位は営業ー総合商社 941万円

 

50代で平均年収が高い業種

・1位は医薬品メーカー 1,041万円

・2位は証券会社 995万円

・3位は総合商社 988万円

・4位は総合電機メーカー 952万円

・5位は医療機器メーカー 930万円

 

専門的な経験を活かした仕事が50代でも年収が高い傾向。また金融、医療の業界は年代を問わず総じて年収が高い。その反面で年功序列さは失われはじめた。

社内での賃金差が大きいことも覚えておきたい。

 

50歳代はどの産業が年収は高い?

産業別の年収についても厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、概算で算出した。

50歳代前半はこちら

f:id:shunpon:20180417011333p:plain

50代後半はこちら

f:id:shunpon:20180417011415p:plain

 

 男女総合で一番年収が高いのは情報通信業。

50代前半での平均は男性で633万円。女性は501万円。

50代後半での平均は男性で631万円。女性は489万円。

 

情報通信業が金融をおしのけて年収トップ。

女子についても50歳代前半での年収平均が500万を突破。男女間での賃金差も減ってきており、業界として本当の意味でのジェンダーフリー化が進んでいることがわかる。

 

まとめ

50代前半の平均年収は504万円

・男性の平均が661万円

・女性の平均は296万円 

50代後半の平均年収は494万円

・男性の平均が649万円

・女性の平均は288万円

 

年齢別の目安としては

50歳の平均年収は約500万円 

51歳の平均年収は約502万円

52歳の平均年収は約504万円

53歳の平均年収は約502万円

54歳の平均年収は約500万円

55歳の平均年収は約498万円

56歳の平均年収は約496万円

57歳の平均年収は約494万円

58歳の平均年収は約470.8万円

49歳の平均年収は約447.6万円

以上となる。

 

年収がついにさがりはじめる50代

今までのように毎年昇給も期待できなくなっていく。

iDeCo(確定拠出年金)、またふるさと納税をすることで手間なく手取り金額を増やす努力をしていきたい。

 

もし今の自分の年収に疑問を持つなら

「自分の年収が本当に適正かどうか」

 それだけは絶対調べたい。収入と仕事内容のミスマッチを防ぐためにも。

 

MIIDAS(ミーダス) を利用することで

・自分の市場価値を知ることができ

・具体的なあなたの年収を診断してくれる

 過去7万人の就職実績も公開されていて分と同じタイプの人間がどんな仕事に転職しているか」

それを知れるのも面白い。

一度、無料で登録 してみてはどうだろうか。