共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

2018年ハロウィンジャンボ宝くじの確率は?当選金額と本数から期待値を計算した【旧オータムジャンボ】

トリックオアトリート!

お菓子より金くれ!

 

1等金額は3億円。前後賞を合わせれば5億円

年末ジャンボ(1等前後賞で10億円)、サマージャンボ(1等前後賞で7億円)に比べればパンチがない。ただし当たれば人生が変わるハロウィンジャンボ宝くじ

もともとはオータムジャンボと呼ばれていましたが昨年より名前を変更しています。

 

同時に高額当選の確率も上げてきました。

まさに甘口な宝くじと言えるでしょう。

還元率の高い楽天totoしか買わない自分ですが結局今年も10枚は買ってしまいます。

 

 

ハロウィンジャンボの購入期間と縁起日

 

今年のハロウィンジャンボの発売日は

・10月1日(月)から10月23日(火)まで

抽選日は10月30日(火)

抽選会場は 豊洲ピット(東京都) です。

 

番号が選べないジャンボ宝くじ。だからこそ担げるゲンは担ぎましょう。では縁起が良い日はいつなのか。

一般的には大安ただし

・お金が何倍にも膨らみ増えるとされる『一粒万倍日

・年に5.6回しかない最高の吉日『天赦日

こちらの日の方が宝くじを購入するときは縁起がいいとされています。それぞれの日程は以下の通りです。

 

大安の日程(販売期間)

10月1日(月)、7日(日)、11日(木)、17日(水)、23日(火)

一粒万倍日の日程(販売期間)

10月2日(火)、7日(日)、8日(月)、17日(水)、20日(土)

天赦日の日程(販売期間)

なし

 

いつに買うのが一番いいのか

大安と一粒万倍日が重なる10月7日(日)17日(水)に買うのが今回のハロウィンジャンボはおすすめです。

 

休日なら10月7日!

ラッキーセブン!

 

ハロウィンジャンボの確率や期待値を計算

 

それでは、早速

・ハロウィンジャンボ

・ハロウィンジャンボミニ

以上2つのジャンボ宝くじの確率や期待値を当選本数と金額から割り出していきます。尚、年末ジャンボとは違いハロウィンジャンボは増刷される予定はありません。

 

・00組~99組の100の組数

・100000から199999の10万の番号

1ユニット1,000万通りが9ユニット販売

1等3億円の当選者は9人です

 

2018年ハロウィンジャンボの1枚当たり期待値は142円で還元率は約47.3%

f:id:shunpon:20180828235311p:plain

ハロウィンジャンボの総売り出し枚数は9千万枚

購入金額は300円で全部買い占めた場合は270億円

 

・1枚当たりの期待値は約142円

・還元率は約47.3% ミニを少し上回ります

 

1等3億円は1,000万分の1

昨年との大きな違いは100万円と10万円の当選数が圧倒的に増えたことです。

3等100万円は100万分の3の確率で当選。4等10万円は1万分の1という当たりやすさになりました。

しかしその分、ハロウィン賞の本数は減っています。

 

ただし結果として100万円以上当たる確率は昨年の2.4倍(約28万分の1)、10万円以上当たる確率は9.9倍(約8千8百分の1)となりました。

270万円くらい使えば10万円が1つは当たるかな

涙。。。 

 

1枚当たりの期待値は昨年から下がっています

昨年のハロウィンジャンボの還元率は約48%ですが今年は47.3%に下がりました。

前回はハロウィン賞が1万円という当選金額ながらも当選本数30万本(約333分の1)と大量放出をしたことが期待値を押し上げた要因です。

 

2018年ハロウィンジャンボミニの1枚当たり期待値は141円で還元率は47%

f:id:shunpon:20180829000851p:plain

ハロウィンジャンボミニの総売出し枚数は4千万枚。

購入金額は300円で全部買い占めた場合は120億円

 

・1枚あたりの期待値は141円

・還元率は47% ジャンボを少し下回ります

 

1等3,000万円は200万分の1

ミニは昨年より1等の金額が減額されました。(1等5,000万円⇒3,000万円、前後賞各1,000万円に)

ただし今年から100万円の当選、ハロウィンミニ賞が追加されています。

 

100万円以上当たる確率は昨年の7倍(4万6千分の1)となり意外と現実的にも見えています。

またハロウィンミニ賞の当選確率は3,333分の1です。

 

ジャンボとミニで良い住みわけ

100万円でも人生変わる

ミニに関しては1等金額の爆発力を犠牲とした分、当たりやすい宝くじとなりました。

ただし期待値は昨年度を下回ります。

ちなみにミニの1等当選確率はジャンボよりも5倍高く(とはいっても200万本分の1)。100万円また10万円の高額当選確率もジャンボを超えます。

 

バラ買いも連番買いも期待値は変わらない。

宝くじって買い方で期待値かわるの?

全く変わらないよ。でもね。。

 宝くじの1枚当たりの期待値は、バラでも連番でも変わることはありません。

しかし多くの人が買うであろう10枚1セットという考え方をしたとき、あくまで期待値は変わりませんが1等または前後賞が当たる可能性は、バラの方が高くなります。

連番で買う場合は、1等と組の数字が違うだけで全て外れることが確定するからです。

 

ではバラ購入の方が優れているかと言われるとそれもまた違います。バラで買う場合は1等と前後賞の両取りはほぼ不可能になるからです。

 

 縦バラ(3連バラ)という買い方が人気

f:id:shunpon:20180129235154p:plain

縦バラ(3連バラ)』とは連番を3枚ずつ組違いで買う方法です。宝くじファンなら知る人ぞ知る買い方です。

 この買い方なら1等と前後賞が当たる可能性が生まれます。

 

また今年のサマージャンボからはその他にも新しく「福連100」と「福バラ100」という100枚単位の買い方もスタートしました。

・福連100は組番号が10種類

・福バラ100は組番号が100通り

 どちらも下2桁が『00』から『99』まで全ての番号が入るので最低でも6,000円(3,000円×1と300円×10)が当たります。

前後賞を逃す可能性はありますが1億円以上を手にする可能性が約3万3333分の1に高まるわけです。

これいいね。

対応していないお店もあるよ

 

まとめ

 

・ハロウィンジャンボ宝くじの1枚当たりの期待値は約142円で還元率は約47.3%

1等(3億円)の当選確率は1,000万本分の1

 

・ハロウィンジャンボミニの1枚あたりの期待値は141円で還元率は47%

 1等(3,000万円)の当選確率は200万分の1

 

ジャンボの方がミニの期待値をやや上回っています。ただしどちらも昨年と比べると還元率と期待値は下回ります。

 

ハロウィンジャンボ全体としては

・昨年に比べて還元率は下がりましたが

・100万円、10万円の高額当選確率は増えました

他のジャンボ宝くじと比べると期待値は高くありません。(2017年末ジャンボ 今年のドリームジャンボは期待値150円。ハロウィンジャンボは142円)

 

それでもやっぱり3億円には夢があります。

僕は毎週100円1枚ずつ買っている楽天toto以外に今回もハロウィンジャンボを10枚購入予定です。

今年こそ3億円あてるんだ