共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

2018年確定拠出年金!SBI証券のiDeCoおすすめ商品を厳選しました【イデコ】

昨年から専業主婦や公務員も加入できるようになったiDeCo。加入者は順調に増加傾向(2017年上半期のみで25万人増加)で今年も始める方は多いはず。

 

SBI証券はそんな確定拠出年金をスタートする金融機関として人気のあるネット証券だ。(私は楽天ポイントキャンペーンもある 楽天証券 で積立中)

 

www.shunpon.com

 (こちらの記事でおすすめ金融機関を比較)

 

 

SBI証券でiDeCoを始めるメリット

自分の考えるSBI証券のメリットは2点ある。

 

①運用管理手数料が無料であること

f:id:shunpon:20180104223355p:plain

運用時(毎月)にかかる手数料は3つある

・事務手数料(103円)は国民年金連合会に

・資産管理手数料(64円)は信託銀行に

・運営管理手数料は金融機関に

 

SBI証券はこのうちの運用管理手数料がはじめから無料となる

この費用が無条件無料となる金融機関は数少ない。(ネット証券でもSBI、楽天、マネックスなど限定的)

例えばゆうちょではじめれば255円が毎月余計に発生。

年間で3,060円。その差は大きい。

 

②選択できる商品が豊富、そして低コスト

f:id:shunpon:20180104224122p:plain

・SBI証券の商品数は67本(内4本が元本保証)。それに比べて楽天証券は31本、マネックス証券が22本。

(いずれも2018年1月現在)

比較して分かるその異常な程の商品数。

 

そしてそのラインナップも優れている。

・アクティブファンドは昨年50%以上のリターンを残した『ジェイリバイブ』や大人気の『ひふみ』

・インデックスファンドにもニッセイ、三井住友などの低コストインデックスファンドが立ち並ぶ。

 選択肢が多いことが良いとは限らない。(特に初心者)

しかしそれは同証券の大きな武器となっている。

 

SBI証券の確定拠出年金のおすすめを厳選する

 

 今回自分はそんなSBI証券確定拠出年金の商品を

①おすすめなもの

②おすすめはしないが検討余地があるもの

③余程の理由がない限りオススメできないもの

以上3つのカテゴリへと振り分けをしてみた。

投資商品を迷っている方への参考になれば幸いだ。

 

またあくまで個人のまとめ。信託報酬の引き下げも随時ある。詳細な数字は各自確認して頂きたい。

 

SBI証券確定拠出年金のおすすめ商品 15本

f:id:shunpon:20180611133314p:plain

(2018年6月5日時点データに更新)

おすすめ商品としては

・各資産クラスで最も低コストなインデックスファンド

・ リターンが主要インデックスを越えそうな商品

以上をポイントとして15本選択した。この中で自分の許容リスクを踏まえお手製バランスファンドを作ってみるのも面白い。今年なら株式重視で組みたいところ

 

注目すべき低コストインデックスファンド

ほとんどの資産クラスに低コスト商品がずらりと並ぶ。隙がない。また昨今のトレンドもきちんと追っている。

米国株へ投資する商品としてはNYダウ平均に連動する『iFreeNYダウ・インデックス』がラインナップ。アメリカ株式の投資信託の中で最も高パフォーマンスを期待できる商品のひとつだ。

 

また他社との低コスト競争は現在進行形で加速中。

・日経平均へは楽天証券のたわらノーロードが0.1836%

⇒追記:ニッセイが1月に引き下げ(0.2052%→0.18252%)をしてSBI証券の方が低コストになりました。

・新興国債券へはマネックス証券の『iFree新興国債券インデックス』が最安の投資となる(0.2376%)

今後も更なる信託報酬引き下げに期待したい。

 

アクティブはひふみとジェイリバイブに注目

f:id:shunpon:20180105175453p:plain

長期的なリターン実績とリスク管理の徹底さ。

以上を理由に選んだ2つのファンド。

確定拠出年金で買うことによるメリットとして割安な信託報酬も上げておきたい。0.2%ほどの差ではあるが100万円運用すれば2,000円もの違いに。

その差は複利となって更に広がる。

 

底打ち感あるJ-REITと期待される新興国株式

昨年は他資産と比べて明らかなマイナスとなった日本のREIT市場。今年はその割安感から期待アリ。

かねてから続く過剰なほどのオフィスビル供給量も投資家から嫌気されていた原因のひとつ。しかし順調にそれら物件は埋まってきている。

またかつては日経平均と連動してみえた東証REIT指数だったが近年はそれと異なる動きを示している。リスク分散としての価値も高い。

株式市場がピークアウトしても上昇余地は十分だ。

 

そして昨年同様、今後もその伸びが大きく期待されるのは新興国株式クラスだ。インドでは今年からの税制改善がうまくいけば更なる発展も期待できる。

ただし韓国や台湾などいわゆるアジアNIESは中国景気減速の煽りを受け成長は鈍化する見込み。

しかし全体として考えればまだまだ上昇トレンド。

 

一押しファンドはジェイリバイブとiFreeNYダウ・インデックス

f:id:shunpon:20180106211858p:plain

2018年もやっぱり推したい『ジェイリバイブ』。割安であり成長性の高い中小型銘柄に投資を行うファンドとなる。

その特徴として注目なのは、株価が下落した銘柄から厳選投資を行うという点。

今から買ってまだ間に合うのか?

そんな疑念を払拭してくれる。

またそれを裏付ける実績を、もう10年近くも前となったリーマンショックの時代から残し続けたアクティブファンドだ。信用できる。

 

インデックスファンドのおすすめとしては『iFree NYダウ・インデックス』を上げたい。

共和党のトランプ氏によって行われる減税政策により米国法人税はかつてない低水準に。大企業が更にその利益を伸ばし、また投資を拡大するチャンス。

アメリカ経済の見通しは依然明るい。

 

また、新興国株式クラスを一押しできない理由はボラリティの高さとその主要国の今後のいくつかの不透明さから。

インドはイケイケムードが漂う中で銀行が抱える債務はかつてないほどに膨れ上がっている。また貸し出し債券の回収不能も懸念される。

そして中国では行き過ぎた不動産市況の警戒から政府が投機抑制策を進めており、それが近隣各国にどう影響していくかは未知数だ。

 

検討の余地がある商品 18本

f:id:shunpon:20180611133340p:plain

検討の余地がある商品としては

・SBI証券のiDeCoでしか買えないor価値の高いもの

・一般的に投資する価値があるとされるもの

以上18本を揃えた。

またヘッジありファンドについては国民年金基金を運用するGPIFもある程度それをポートフォリオへと組入れてはいるものの、個人として購入をする意味合いは薄いと考えている。

 

アジアそしてBRICS。個別地域も妙味あり

シュローダーBRICs株式ファンドはブラジル、ロシア、インド、中国へと投資するアクティブファンド。
国、企業別の投資判断を規律あるリスク管理をもとに決定する。

3年ぶりのGDPプラス成長になったロシアをはじめブラジル経済も回復傾向。


ハーベストアジアフロンティア株式ファンドはアジアのフロンティア諸国(モンゴルやベトナムなど)の企業また株式に投資するファンド。
各国ともその労働世代の比率の高さが注目され、未開発ながらも大きな魅力にあふれている。
ただしその市場変動率、また信託報酬の高さには注意が必要。

 

バランスファンドの選択は慎重に

f:id:shunpon:20180106165524p:plain

(図は2017年2月のeMAXISレポートより)
DCインデックスバランスやeMAXIS最適化バランスは、目標を定めた上ではじめにそれ1本へと投資をすれば後はもうほったらかしで済むお手軽ファンド。
決めた判断を元に自動リバランスもされていく。

ただし自己でそれを組み立てた場合と比べコストが割高となる可能性には注意したい。

 

他に注意したいポイントも

またEXE-iシリーズのインデックスファンドはETFを投資対象とした運用が特徴的。

新興国株式についてはFTSE・エマージング・インデックス(円換算ベース)を参考指標としていて経済停滞が続いている韓国を含まない。

しかし昨年度のリターンは信託報酬の高い三菱UFJDC新興国株式の方が高かったことも覚えておきたい。

 

あまりおすすめができない商品 30本

f:id:shunpon:20180611133402p:plain

あまりおすすめしたくない商品には

・明らかに上位互換があるインデックスファンド

・信託報酬に割高な印象を受けるアクティブファンド

・個人的に投資する価値を見出せない商品

以上30本を選択した。

 

より低コストな商品がある7つのファンド

①ニッセイ日経225インデックスファンド

②朝日ライフ 日経平均ファンド

③One 日経225ノーロードオープン

DCニッセイ日経225インデックスファンドAが日経平均と連動する商品としては最も低コスト。

 

④WHAM TOPIXオープン

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドがTOPIXでは最安値。

 

⑤三井住友DC外国株式インデックスファンド

DCニッセイ外国株式インデックスの方がMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円ベース)に連動する商品としては安い。

※EXE-iの参考指標はFTSE Kaigai(カイガイ)・インデックス(円換算ベース)

 

⑥野村外国債券インデックスファンド

三井住友・DC外国債券インデックスファンド

 

⑦DCニッセイJ-REITインデックスファンド

DCニッセイJ-REITインデックスファンドA

 

以上については特にこだわり(実質コストなど)がない限りは信託報酬の低い商品へと切り替えをしていった方がベターだろう。

  

ターゲットイヤーはiDeCoに不向き?

セレブライフ・ストーリー(ターゲットイヤーファンド)はあらかじめ目標とする年を定年などに合わせて決めて買えば、後はその年に向けて自動的にリスク資産への配分を調整してくれる。
一見すると便利にも聞こえる。


しかしその特殊性は、つみたて投資の最大のメリットである『時期による分散効果』を薄めるリスクもはらんでいる。
また、どちらにしろ毎月の積立金額が限られるiDeCoのみでは老後のお金の全てをカバーはできない。
それらを理由に自分はiDeCoでのターゲットイヤーファンド購入はおすすめしない。

 

中にはおもしろい商品も

時にその豊富すぎるアクティブファンド群は私達を迷わせる。ある程度強引に分別させていただいた。

あくまで個人的な基準である。

みのりの投信やフィデリティ成長株ファンドなどはその優秀な実績は多くの投資家に支持されている。また、中にはおもしろい商品もちらほら。

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドはアメリカの上場企業を対象として付加価値の高い産業の中、競合して勝てる企業へ長期投資を行うファンド。

しかしその設定日は昨年の7月5日からと日が浅い。
今後の活躍に期待したい

  

まとめ

SBI証券で特におすすめしたい商品は

・iFreeNYダウ・インデックス

・ジェイリバイブDC年金

以上2つの商品となる。

いずれも昨年同様、2018年にも大きな期待。

ただしどちらの商品もそのリターンを得るためある程度の『選択と集中』がされている事も事実。

経済危機時のリスクは許容しておきたい。

 

それでも私がこの2つをすすめたい理由。

それはiDeCoの受取時非課税枠を活かしたいから

退職金のみで退職所得控除を使い切る人にはあまり関係がないが、私のように退職金でその枠を活かしきれない人にとってはせっかくある節税メリット。

どうせならフルに生かしたい。

 

またそんな理由より私は

・iDeCoとNISAはリスクを高めにリターンを優先。

・特定口座はリスクを抑えて国債中心に。

そういった配分で資産運用をしている。

(実際に楽天証券 では楽天全米株式に100%投資)

ただしiDeCoはNISAと違ってスイッチングもできる。ある程度は肩の力を抜いて考えたい

 

以上SBI証券の確定拠出年金のおすすめ商品のご紹介

また、確定拠出年金の仕組みにまだ不安が残る方は一度書籍を読んで見ることもおすすめしたい。

特に私のおすすめはこちらの本だ。

確定拠出年金の節税効果や手数料については勿論、あまりネットや書籍で言及されていない年金受取時の運用法や注意事項についてもきちんと記載されている。

実際の金融機関や商品の選び方までを分かりやすく図解を多めに解説している点もポイントだ。

 

まだ加入をしていない方は無料での資料請求もできる

口座がない場合はSBI証券の口座の開設も同時にしておこう。今なら新規取引キャンペーンでの現金プレゼントも行っている。

SBI証券の口座開設キャンペーンを見る