共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

彼女いらない結婚したくない友達と彼女欲しい結婚したい友達

スポンサーリンク
/ /

金曜日は経理のセミナーに東京へと新幹線で行ってきた。『これからの経理リーダーに必要な4つのスキル』という題目での講義なのだがどうも自分は場違いだったようで。

というのもこの講座は僕が考えていた『これから経理リーダーになる人が考えるべきこと』というよりも『現状、経理課長クラスのリーダーがこれからの時代変化に合わせてどのように経理を変えていくか』といった講義であり、また参加している人達も自分と数人を除けばほぼ40〜50代以上の参加者だったから。

内容としては

作業に時間を取られて仕事やっていると勘違いするな(そんな仕事はこれからなくなる)

・経営者に分かりやすい経営状態を伝える事は経理の責務(分析して1人で納得してるだけではダメ)

といったようなことが頭に残った。

前者については本当に経理課あるあるだと思う。日常的な仕訳処理や請求書発行業務なんかだけを自分の業務範囲と考えているプロパーは多いし、かつての自分もそれだった。

でもこれらの仕事は今はほとんど自動化、アウトソースできる。現状その業務をしている人は危機感を持つ必要があるかもしれない。

うちの会社はその辺ほとんどをアウトソースしちゃってるから進んでいるような気がした。でも結局自分はそのルーチン業務から一歩先に進んだ事が全くできていない。やっていることはその自動化やアウトソーシングから漏れた特殊処理だけ。結局これらだっていつかなくなる。

今のままではヤバイなあと思ったけれどこのままぬくぬくしていたいという闇な部分が僕を覆うのだ。

後者については今回この講義で先生はいくつもの経営管理指標(ROAとかね)を教えてくれた後『これら専門用語を並び立てて取締役会などで1人で話してしまう経理課長さんがいますがそれは最悪です』ということを話した。これにはとても笑ったしなるほどなあと思った。

どうしても人は知識を習得するとそれをひけらかしたくなるけれど、相手は別に専門家でもないわけでその用語やら話題を知らないのは当然。そしてそういう人にわかる説明をしなければ適切な情報を伝えたとは言えないだろう。

これは経理だけの話ではなくて人とのコミュニケーションにおける大前提。自分も他者にとって分かりやすいコミュニケーションを取れるようにならないとなあと思った。そういう情報伝達力の育成という意味ではブログは結構役に立っているのかもしれない。

 

彼女いらない結婚興味ない友達と魚金に

今回東京に行ったのは正直なところセミナーというよりも彼に会う事が目的だったりする。大学の時に何度も泊まりに行ったりゴルフをした彼は今は東京のIT企業戦士。 

今回は僕に美味しい魚を食べさせてくれるとのこので秋葉原の魚金に行った。

f:id:shunpon:20170626071008j:image

金目鯛の煮付けが2500円くらいするんだけどめちゃくちゃ美味い、刺身の6点盛りは明らかに10点近く盛ってあり新手の詐欺かと思うほどだが新鮮でコリッコリでもちろん大満足。魚金というお店はチェーン店のようだがどこもこういったサービス精神が豊富であり、またその味はチェーン店にありがちな画一的なものではなく板前さんが味見をして調理している事がカウンターからも見えてとてもこだわりを感じた。

値段についても2人で2杯ずつ飲んで好きなものを食べたけれど1万円でお釣りがきたのでお値打ちじゃないだろうか。また行きたい。

今回は彼と結婚の話を珍しくした。彼女が欲しいだとか、どの女性芸能人が好きだという言葉を僕は彼と付き合いだして10年になるがほとんど聞いた事がない。

昔からなんでも1人で楽しめてしまうタイプの彼は学生の頃からやっていたゴルフとカメラに黙々と打ち込み、腕は今やどちらもプロ級に。ゴルフなんかはいつの間にか多くの大会で幹事をしていて。それからも分かるが別に彼はコミュ障というわけでもない。

ただ女性に対しての話題を彼とすることは極端に少なかった。一度僕は彼に街コンに行くことを進めたことがあって。その時珍しく彼は街コンに乗り気になったように見えた。

でもその後『その街コンペってのはどこで参加するの?』という彼の言葉に僕は唖然とした。

なんだよ街コンペってwそれ以来僕は彼に女性の話をするのはやめていた。

ただ、彼はとても今の人生が楽しそうだ。

一般的なよくいる独身男性に感じる僕の認識は

・聞いてもないのに自分のことをよく話す(最近ねれてないアピールとか)

・ツイッターで頻繁に呟く

これらの行動を見かけることが多かったので、承認欲求が強い人が多いのかなと思っていた。

だからこそ、この人達は結婚した方が幸せになれるんじゃないかと考えていたのだが彼はどちらにも当てはまらない。

ゴルフでどれだけのスコアを取ろうと一切それを誰かに、またSNSにアピールしない。1人でアプリにつけているだけ。

プロ級の写真を撮っても見せるのは僕ら友人と彼の親だけ。

自分だったら考えられない。まあブログっていう承認欲求の濃縮還元みたいなことやってる人間なんだから当然か。

彼は彼なりの幸せがあってそれが1人で生きていくという道なんだろう。僕はそんな彼をかっこいいと思うしこれからも友達でい続けたいなと思った。

 

その後、彼女欲しい結婚したい友達とスカイプした

そんな友達との再会を終えて新幹線に乗り込むと今度はまた違う大学の頃からの友人からラインがきた。どうやら社内恋愛の相談。

彼は本当に女に節操がない。大学の時からそれは変わらない。すぐに人を好きになる。そして嫌いにもなる。1ヶ月前に悪口を言っていた女性に普通にアプローチしていたりする。

そして彼はそんな惚れやすい自分を理解していながらも、女を取っ替え引っ替えするような遊び人に憧れてもいるとよく言う。彼女がいるときも、もっと今の彼女より上がいるんじゃないかという浮気心を消せないと言う。

なるほどここまで聞くと彼はとても残念な人間なように聞こえるけれど男なんて得てしてこんなものだと僕は思う。少しそれが彼は極端なだけ。

そして僕は知っている。彼は強がりではあるがとても寂しがりやである事も。さっき僕は浮気心を消せない人だと彼について話したが、それと同時に彼は『自分を無条件に愛してくれる人』を激しく求めている

おそらくだがそれを満たす彼女がいれば一時的な浮気をしてもまた元の場所へ戻りたいと考えるはずだ。

全くこんな話を聞くと女性からすればそんな男はミンチにしてやりたいというかも知れない。ただ僕には何となくその気持ちは分かるし、そして恐らく浮気をする男達ってのはこんな身勝手な心境であくまで本妻を大事にしていると考えているんじゃないかと思う。

彼はある意味とても人間らしいし男らしいのだ。

僕としては彼は数少ない友人でもあり幸せになって欲しい人でもある。だから今回は一つだけアドバイスをした。

とりあえず君に社内恋愛は絶対合わない。身の破滅にしかならない。すぐにでも外での異性交流イベントに参加しろ

彼は良くも悪くも環境や人の意見にすぐに流される。今回も僕のような信頼に値しない人間のアドバイスを素直に聞いてくれた。

そして翌日、彼は婚活パーティーに行っていた。

変わり身早えよww

いろんな事があってきっと考えも変わっていくだろうから彼にはいっぱい恋愛をして欲しい。そんな数多く経験が彼の恋愛観をまた変えていくだろうから。

そしていつかこの人しかいないという人を見つけて欲しいなと思う。もちろん浮気はNGね。

 

大学の友達と話す事で恋愛やら結婚に対して久々に色々考えさせられた金曜日だった。

 

今週は嫁が胃腸風邪になったのでお出かけできなかった

日曜日はピアゴがダイナミックサンデーだから買い物してからボーリングに行こうといっていたのだけれど。嫁さんが胃腸風邪に。

朝6時に体調不良を訴える嫁さんを車に乗せて緊急外来に行った。妊娠しているからか整腸薬くらいしか貰えない嫁さんがとても不憫。

ただ、おかゆ作ってあげて寝てたら今朝にはすっかり治ってくれたのは助かった。

しかしこういう時って子供は空気読むのかな。嫁さんの体調不良を察してか心配そうにしていて、僕に対してワガママも言わずにご飯もちゃんと完食してくれた。さすが我が子やね。

土曜日にボーリング行けば良かったと嫁は悔やんでいたけれど、あんなのいつでも行けるからまた行こう。土曜日は公園に行ってかくれんぼをはじめてしてみた。僕がかくれて、嫁と子供が見つける。

f:id:shunpon:20170626185846j:image

完全に緑と同化した僕だったはずだがバレバレで写真まで撮られてかなり恥ずかしかった。身を犠牲にして砂まみれになって砂場に潜ることも考えたけれど周りから見たら不審者でしかないからなあ( ´_ゝ`)

 

今週のお掃除と料理

嫁さんが日曜日にこんな様子だったので子供と嫁さんの看病に追われてしまい、掃除はトイレとお風呂掃除くらいしかできなかった。2階のサッシは来週やるかな。

料理は嫁実家がキュウリを送ってくれたので酢の物に挑戦した。ちゃんと嫁母にはお礼のラインをして点数稼ぎをしておいた。

f:id:shunpon:20170626205001j:image 

 うまっ!!安っ!!鶏手羽元のケチャップ煮

これは嫁が好きで尚且つ包丁を使う必要がないという神料理。まあ今週は嫁さんおかゆ食べたけれどwもう作るのは3度目になる。ただどうしても煮込みが足りないのか味が薄い。

 

マグロ漬け丼

先々週やったばかりだけど、夏だからかまた食べたくなった。酒とみりんと醤油混ぜて熱して冷ましてタッパーにマグロと放置するだけでこんなに美味いんだからそりゃ作るわな。

 

キュウリ・ワカメ・カニカマの生姜酢の物

ここ最近で一番の大ヒット商品が思わぬところから産まれた。マジで美味い。子供も食べた後拍手してくれた。あまりにもうまかったので来週またやるかもしれない。

生姜がええ感じにアクセントになってるのが美味さのポイントなのかなあ。

 

今週もかなりの手抜き料理だったが最高に美味しい酢の物を作ったので自分的には合格点だ。来週は煮込みか焼き魚料理にでも挑戦してみようかなあ。