共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

映画ICHIを見たので感想やらあらすじ。【窪塚ファンは必見】 (ネタバレ有り)

スポンサーリンク
/ /

映画「ICHI」

主演は綾瀬はるかと大沢たかお!悪役は中村獅童がBOSS的存在。また僕の大好きな窪塚くんもでているわけでそれはもう期待して見たんだけれど一言で言うと非常にチープに感じる映画だった。

ICHIが盲目という設定に別に文句があるわけではないんだが内向的な性格という部分もあり彼女は盲目じゃなくて男のこと目を合わすことが出来ないシャイガールなだけじゃないかと思えてくる。

また大沢たかおにしてもキャラが特に立っていなく、刀を握れない理由がとってつけたような理由(急にジャンプ漫画で登場人物の回想シーンが入って後付けエピソード作ってお涙ちょうだいみたいなやつ)であり全く共感もできないしかといって嫌いでもなく。とにかく薄い。

作品を通して全体が薄っぺらい。かといってミッションインポッシブルやターミネーター(別に両者を内容が薄いというわけではない)のようなアクションシーンで楽しめるといった映画でもない。

せいぜいテレビ東京で年末にやってるような時代劇レベルのアクション。

悪役も薄っぺらい。何が良くて岩場をアジトにしてる癖に踏ん反り返ってるのか、また街を襲いたいのかも背景がぼんやり過ぎて伝わってこない。ただ何となく悪いやつなんだなという感覚。

竹内力さんはスカッとジャパンなんかの演技では面白いしとても分かりやすくて好きなのだけれど、そこでの演技と映画でのそれとが変わりなくただでさえ薄い映画をさらに薄めていた。

 

ICHIのあらすじ(ネタバレ含む)

f:id:shunpon:20170607215734j:image

 イチは元々は女芸人だったが自分に迫る嫌な男を斬ってから一座を追われて1人で旅をしていた。自分に刀の使い方を教えた男を見つけることが彼女の旅の目的だった。

イチはひょんなことからある侍と出会う。彼の名は十馬。侍ではあったが、幼少の頃に母親を刀で傷つけてしまうというトラウマを未だ抱えており、そのせいか刀を抜くことが出来ないヘタレだった

盲目であるが耳が発達しているおかげか賽の目を当てることができるイチ。それを利用して賭博で儲ける十馬。

その後もイチについていこうとする十馬だが、先ほど賭博にいた悪そうな連中に絡まれる。相変わらず刀が抜けない十馬だったがイチがあっという間に倒してしまう。

倒れていた荒くれを見た宿場町の若頭である虎次はそれらを十馬がやったと誤解をする。そして彼を町を狙う万鬼一味に対しての用心棒として雇うことに。

刀も抜けないのに剣の先生と崇められる十馬だったがもちろんそんなことは長く続かない。

虎次たちは万鬼一味に襲撃される。なすすべもなく虎次の父親は息子を守るために盾となり死亡。十馬は腰を抜かして動けなかった。

一方イチは1人で万鬼一味のアジトへ向かうが万鬼との戦いに負け、また自分が探していた男が既に死んだことを知り絶望をあじわう。

その後イチは万鬼に気に入られて牢に監禁されるがそこに救出の手が差し出された。他でもない、戦うことへの覚悟を決めた十馬だった

虎次一味と万鬼一味の最後の戦いが始まった。ようやく十馬はトラウマを乗り越えて万鬼と戦うが勝負は互角、そして相討ちに。

しかに万鬼はまだ死んでいなかった。

万鬼への最後のトドメを刺したイチ。感情を今まで見せなかった彼女だったが十馬の死には涙を流した。

そしてイチはまた旅を再開したのだった。

 

もう1度感想を

楽しめない映画ではないのだけれどとにかく何度言うか分からないけれど薄っぺらい映画だった。

登場人物たちが何を思い戦うのかという描写をもう少し映画の中で掘り下げて欲しかった。ドキュメンタリーじゃないんだから。

また漫画を引き合いにしてしまうけれど、それぞれのキャラの個性や深みに対してこの映画は焦点を当てなさすぎだと思う。

BLEACHなんてキャラの個性だけで売れた漫画だと僕は思っていて。キャラに対して愛着がわけば話がつまらなくても見る人は勝手にあれやこれや妄想して楽しんでくれるのに。本当にもったいない。

役者さんも困ったんじゃないだろうか。

おそらくとても薄っぺらい脚本と演技指導だったのだろう。どう演じたらいいのかの指示が薄いから綾瀬はるかも盲目と内気キャラをごっちゃにしてしまったんだろうな。

一流の役者さんたちもロールを与えられないとこんな陳腐に見えてしまうのかと考えると意外と社畜と変わらないなあと思う程だった。

窪塚くんはその中でも成長する姿と漢気を感じる事ができた。この人は社畜精神が弱いので自分でキャラ設定を勝手にしたんだろう。

でもそれがいい。窪塚ファンはこの映画を見ると彼の良さにまた気づけると思う。

少し批判ばかりになってはしまったけれど、決して面白くないというわけではなく途中寝ることも止める事もなく1晩で見きることができた。

全てが予定調和的な部分がありわざわざもう1度見たいとは思わないけれど、まあ窪塚君が好きな人は1度見るのもいいと思う。

 

映画ICHIを無料で観るには

下記Amazonプライムビデオの無料お試しを登録して1ヶ月経つ前に解約するだけの簡単な作業。解約し忘れると年会費3900円かかってしまうので注意❗️

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 

ただ正直なところ、Amazonprime会員になればこの作品以外にもテルマエ・ロマエやTEDなどの人気映画が見放題になるし更新もしていくので課金する価値は充分あると思う。もちろんCMを今ガンガン流しているドキュメンタルとかのバラエティも見放題。

100万曲以上自由にダウンロードができるamazonmusicも無料で使えるので僕はBIGBANGとラッドウィンプスの曲をこのサービスで聴いている。

まあまずは無料お試ししてこの作品を始め好きな作品を一通り見て、今後使わないなと思えば無料期間中に解約すればいいと思う。

てなことでレコメンドしてみる。