共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

イガリメイクで大人気!フーミー(WHOMEE)の全コスメをご紹介

イガリメイク第一人者"イガリシノブ"さんがプロデュースした新コスメブランド。

その名も

 

”WHOMEE(フーミー)”

 

PLAZAやLOFTで2月20日から発売するも、売切れ続出中

f:id:shunpon:20180304143614p:plain

メルカリですら在庫が全く足りない事態に発展。(現在ネットで安定して買えるのはAmazon※ただし割高)

 

・透明感のあるツヤ肌

・少し火照ったような血色感

・水分豊富でジューシー&SEXYな唇

 

そんなおしゃれでフェロモン漂う"おフェロメイク"、また血色メイクとも表現される"イガリメイク"。

特徴はナチュラルな可愛らしさ

目もとよりも頬や唇を強調するのがポイント。でも加減を間違えると頬の上気が酔っているように見えたりも。

 

"もっとコスメに頼ってほしい"

どんな人が使ってもテクいらずで可愛く見せる。

ヘアメークアップアーティスト、イガリさんのそんな想いが込められた新コスメブランド。それがフーミー。

この記事ではそんなフーミーの魅力を紹介していく

 

WHOMEEからは全24種が発売中

2月20日にフーミーからデビューした新コスメ。まずはベースとリップの2STEPからスタート。

全部で24種類。

・リップスティック 全5色

・マルチグロウスティック 全4色

・コントロールカラーベース 全4色

・リキッドファンデーション 全2色

・コンシーラー 全2色

・クッション UVコンパクト

・ハイライトパウダー

・フェイスパウダー

・マルチオイルミスト(化粧水)

・マルチリップバーム(リップ・ハンドクリーム)

・メイクブラシM(ファンデ用)

・メイクブラシS(リップ用)

 

1つ1つその内容を見ていく。

 

リップスティック

保湿力は特に高くない。プルプルとマットの中間。べたつかないので普段使いに良い。1本でいける(佐藤ノアさん談)

5つ中、4つとなるが色選びの参考としてYoutuber佐藤ノアさんの動画がとてもわかりやすい。

f:id:shunpon:20180304190305p:plain

(佐藤ノアさんの可愛い動画はこちらから)

・攻めているけれど品があるレッド

ピンクベージュにはラメがプラス

・ジューシーで深みがあるボルドー

・まるでキャンディー。POPなピンク

・大人の雰囲気を演出するブラウン

以上5つの女の子を可愛くする厳選色。直塗りしてもいいが指先にとってポンポンとのせていくのも。

作った感のない血色感が演出できる。

 

 

マルチグロウスティック

・アイカラー

・チークカラー

・リップカラー

その全部に使えるマルチスティック。

カラーはシマーベージュ、ピンクオレンジ、ブロンズ、レッドの全4色

 レッドを使ってメイクをしている動画がこちら

f:id:shunpon:20180304201243p:plain

(石井亜美さんの動画から 薄付きで安心)

まずはチーク。柔らかくスーッと伸びる。

指先にとってポンポン。軽くたたけば肌に馴染んでぼやけていく。テクニックいらずの血色感。

f:id:shunpon:20180304201629p:plain

チープとリップの色を同色にすればまとまり感、そしてナチュラルな可愛さも。かるくのばせば自然にぼやける。だからどこでも使いやすい。

 

 

コントロールカラーベース

 

自然なツヤ感が特徴。

黄身のある肌を補正して透明感を引き出してくれる。色はイエロー、ピンク、ブルー、パープルの4色。

・肌ムラを補正するイエロー

・肌に血色感を出すピンク

・肌に透明感を出して色気を引き出すブルー

・色素を薄い肌にしてくれるパープル

なりたい肌に合わせて選ぼう。

Youtuber石井亜美さんが使っているのはピンク。

f:id:shunpon:20180304192319p:plain

(石井亜美さんの動画から 肌に透明感が出る)

パール感があってカバー力も高い。腕の上で練るようにしてからつけていく。仕上がりは"つるん"。うっすらとした血色感が浮かぶのも素晴らしい。

 

 

リキッドファンデーション

素のキレイさにツヤのベールをまとったリキッドファンデーション。

色はナチュラルとライトカラーの全2色。

・ふんわり赤ちゃん肌になれるライトカラー

・キュッとしまった大人肌を目指すならナチュラル

目指す自分に応じて使い分けしていこう。

 

 

コンシーラー

カラーはオレンジブラウンとライトベージュの2種類から。クマに悩むならオレンジブラウン。

フィット感が強くてよれない。ファンデーションを使わないでもしっかりカバー。重みのある潤い肌へ。

 

 

クッションUVコンパクト

スキンケアをしながら透明肌を仕込む。新感覚クッションタイプの日焼け止め

専用スポンジを軽く押し当て日焼け止めを含ませたなら、顔全体にポンポンとなじませよう。

 

 

ハイライトパウダー

目の下、こめかみ。ツヤと立体感自由に演出ができるようになる。イガリメイクに欠かせない仕込み用マルチハイライター。

f:id:shunpon:20180304200008p:plain

色は肌馴染みのいい薄ベージュ。

付属のブラシ全体に"グリグリっ"としっかり粉を含ませていく。そうすることよりムラをなくせる。

イガリ式としては眉下のハイライト眉を描く前にそれをのせれば顔をふっくら見せる効果も。眉毛が顔のトーンに馴染んでいく。

コツは顔のくぼみへと入れること。目じりや鼻筋の低い部分に使うことで顔全体の立体感を引き立てる。

 

 

フェイスパウダー

手のひら全体にとって押さえ込みながら。

f:id:shunpon:20180304194244p:plain

(石井亜美さんの動画より)

粒子が細かくてふわふわ。

パフもついているが手に出して使うのがイガリ流。手のひらでつけることで、化粧崩れがおきにくいマシュマロ肌へ細かく塗りたい時にパフを使おう。

テカリやヨレを防ぐとともに、時間がたつと更にツヤも増していく。

 

 

マルチオイルミスト

オイルはミストで。だからムラがでない。

潤いのあるツヤ肌を演出する。スプレー式で使いやすい。顔だけじゃなく髪にも使える。

 

 

マルチリップバーム

指先にとってポンポンすればしっとり肌と唇に。重めでコクのあるテクスチャーは乾燥をしっかり保湿。

だから潤いが持続する。

 

メイクブラシM(ファンデ用)

チークやリキッドファンデをムラなく伸ばせるマルチブラシ。熊野の職人が1本1本手作りしており、イガリ氏が10数年使ってきた中で最高の1本と押すほどの品質。

 

メイクブラシS(リップ用)

唇の輪郭ラインをふんわり、なめらかに取れるリップ用ブラシ。こちらも熊野の職人の手造りだ。

寝かせないで毛先を使いシャーシャー塗ってほしいとのこと。(フーミー公式サイトより)

 

 イガリメイクで自然な可愛らしさを演出しよう

 

以上24種のフーミー(WHOMEE)全コスメをご紹介。

人気なのはやっぱりリップ。

"私に似合う色じゃなくて5パターンの私をつくりあげてみてください"

というブランドメッセージ。それほど自信があるということだ。

全てが個性的、そして可愛い。

 

個人的に気になるのはコントロールカラー。

動画でもいっていたが何より気になるその"質感"。肌にのせてみることで新たな発見も生まれそう。

 

ナチュラルにかわいらしさを演出する。商品の外箱には分かりやすいポイントアドバイスもある。

だからイガリメイクは自分でできる。

さぁフーミーをチェックしよう。