共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

アラサーの投資+雑記ブログ

2018年1月家計簿は支出390,787円 仮想通貨投資のことばっか考えてた1ヶ月だった

 支出合計390,787円

・食費 90,272(外食22,600)

・保険 47,178

・通信費 10,435(スマホ5,410)

・住居 63,906

・税金 8,592

・こづかい 40,000

・日用品費 18,961

・交通費 23,575

・医療費 17,600

・遊興費 19,354

・光熱費 15,914(電気6,348ガス4,552水道5,014)

・投資 35,000

 

収入は328,164円。(ブログ収益はのぞく)

赤字だけれど育児休業給付金も今月はないので仕方ないかなといった感じ。

あと、いつものように綺麗に説明する家計簿はもう終わりで。最近はSEO意識した文章ばっかりかいてたから月1くらいはホンマのブログも書かないと。

その為にはじめたブログだからなあ本当は。

今後家計簿の記事はその月に思ったことを書いていく。

 

家計は食費が高いけれどまあ順調

40万円超えなきゃセーフ理論( ^ω^ ) 

2歳になる子供のトイレトレーニングを開始中。嫁が本気だ。今月と来月は電気代が高くなるけどまあ仕方ない。

・トイレに行ったらオヤツをあげる

・何も下にはかせない

・オムツやめて布パンにする

意外と成功したのは布パンだった。2日間くらいは漏らしたけれどやっぱり気持ち悪いのか最近は全く漏らさず。

 

トイレに行ったらご褒美をあげる作戦は大失敗。

マンゴーのドライフルーツをあげていたんだけれどそれ欲しさに何回も『チッチ』って言った。トイレに連れて行くのに結局、オシッコしない。

そして本人はご褒美がもらえないからブチギレ。まさに悪循環。オシッコがでたらご褒美って事は理解できなかったみたい。

トイレに行けばもらえると勘違いしてたっぽい。

 

それなりに円満に過ごせた。子供可愛い

f:id:shunpon:20180202191950j:image

大きな喧嘩も夫婦でしなかった。コスメの記事を二人で書くのがとても楽しい。家族の時間を奪うから嫌われていたブログだった。

でもこういう関わり方もあったんやなあ。

 

そして息子がほんと可愛い。おかえり』が言えるようになった。

嬉しくなって何回も玄関を行き来したら4回目くらいで相手にしてもらえなくなった。何にせよ可愛い。

3ヶ月になる娘も表情が出てきた。にっこり笑う時がある。どうしても息子のときのように構う時間が多くないから1人で遊ぶ事ができている。

強い女の子になりそう。もっと抱いてあげないとな。どうせ数年したら臭いって言われるんだから。

 

ブログは安定稼働できた月だった

 

僕は文字を書くのがとても好きだから、思ったままのことを書くとすぐに5,000文字とか超えていたんだけど。

12月くらいからは意図的に文字を削るようにして文章を書きはじめた。

はじめて自分のブログに来た人でもウザく感じないような文体。そんな事に気をつけている。

 

アフィリエイター達が不要な文字を削れって言っていたのは今思えばなんとなくわかる気がする。

アクセスはどう変わるかは実際なんとも言えないけれどリライトがしやすい。

不足感感じたら追記するだけだから。そしてgoogleは凄いからちゃんと数日したらその意思を汲んでくれる。(悪くなることも)

再投稿したわけでもないのに順位は変わる。

タイトルを変えても変えなくても、文章を読みやすくするだけでも変わったりする。

 

つくづく思うけどgoogleすごい。あと最近google検索するときはいつもシークレットモードにしちゃうから、何で画面黒いの?と不審に思われた。

こんなの使う人あんまりいないもんなあ。にしても毎回それにするたびに指紋認証するのがめんどくさい。

 

アフィ記事ばっかり書いてるけど周りは意外と優しい

正直なところ時間は限られている。

そして僕は別にテーマなんてどうでも良くて文字が書ければ何でもいい。それだけで楽しい。そうなるとアフィ記事を書くこと。

それは楽しくてお金になるという夢の錬金術を実現できるわけだ。

 

だから今後もアフィ記事を乱発していきたい。意外だったのはそれでも固定読者が増えたことと。また、たまに書くブログ記事。そういうのを個別で見てくれる人がちゃんといる事。

アフィカスだと切り捨てられ読まれないかとも思っていたが、読者さんの度量は広かった。安易な自分。

 

アップデートは怖いがやっぱりどうでもいい

f:id:shunpon:20180202191921j:image

多くのブロガーは理解できないだろうけれど、僕は自分のブログに対しての思い入れみたいなのが極端に薄い。

文字が書ければどこでもいいのだ。にわかに叫ばれる金融アップデートで自分のブログが死んだら大手のキュレーションメディアが盛り上がるのかな。

 

最近はいろんなところで寄稿を頼まれるが全部断っていた。でも金融アップデートが来て個人ブログがオワコン化すれば、その時はそういう仕事を受ければいいね。

 

文字を書くだけで楽しい

どんなテーマであれ真摯に調べればある程度のクオリティのものは書けるようにも思う。みんなはそれが面倒だろう。

でも僕は知識の吸収、そしてアウトプットが好きだ。場所はどこでもいい。

やっぱり副業としてはライターって強い。文字書くのが好きな人なら尚更。

 

1月の投資はとにかく仮想通貨に翻弄された

f:id:shunpon:20180202144024p:plain

(1月は微増やね。iDeCoは乗り換えて正解した)

結局のところ1円たりともやらなかった。11月にビットフライヤーの口座開設をしただけだ。

でも本当にあと一歩の所まで来ていた

120万ほどもっている国債のインデックスファンド。それを全部ぶち込もうかとギリギリまで思いつめた。

 

1月のはじめ。少しだけ仮想通貨の値が落ちていた時があった。リップルが220円くらいかな。

ビットコインにはあまり夢を感じなくなっていた時。みんなが第2のそれを探していた。アルトコイン、また草コイン。

自分も同じ。

 

仮想通貨の価格は結局、高いか安いかよく分からない。今は割高に思われるだろうが当時のリップルは220円。

あの時の自分はその価格がとても美味しい果実に見えた。100万円程突っ込めば急に高騰して何千万、下手すりゃ億もあるんじゃないか。

そんな風にも考えた。あまりに投資したくて興奮して眠れない時があった。

 

でもやれなかった。

結局のとこ、踏み切れなかった。

危ないと思ったわけではない。日中リアルタイムの変動。それこそが1番仮想通貨投資をできなかった理由。

ハマると熱中してしまう僕。

それをすることで仕事中でもスマホを見たり、家にいる間も常にそれが気になってしまう。

仕事での信頼、嫁の機嫌。いろんなものを失っていく自分。それが容易に想像できた。

 

また友達の存在が大きかった。毎週金曜日の夜にスカイプで話す。彼もまたFXにハマった人。同じ思いを共有してくれた。心を落ち着かせることができた。

 

事件後に思ったこと

すごいヒヤッとした。

すんでのところだった。一人で生きていれば間違いなく大金を投資していた。断言できる。

そしてあの若社長にはやっぱり同情してしまう。

もちろん管理の甘さは許されない。

ただ、27歳の時の自分はあれだけの批判に耐えれない。日本中からの悪意。どうかその才能ある命を自分で消すようなことだけはしないで欲しい。

 

最近のネット。一度その人を悪いと決めてしまえば、その全てを否定する。そんな流れが多い気がする。

人格、生い立ちから家族まで。僕はそれがとても怖い。

 

また、仮想通貨投資をしていない人。

事件後になって急にそれを批判しはじめたことにモヤっとした。儲かっている時はなにも言わなかったのに。余程悔しかったのだろうか。

 

暴落で大金を失った人を同情するかのように話題にする姿。それを見てイライラもした。同情するならお金あげればいいのに。仮想通貨高騰すればいいのにな。

 

100円でも投資はできるから難しく考えないでと言っていた人たちが、こと仮想通貨に対して話題にするときは、大金を全ツッパした失敗談しか話さないことにも違和感を覚えた。

それをカジュアルライクにやっている人間の方が多いのに。コインチェックのスマホのUIとか学ぶところはあると思うのだけれど。まあいいや。

 

SNSであれブログであれポジティブでいたい

f:id:shunpon:20180202152438p:plain

(ジェイリバイブは今月も強かった。)

調子にのって好きな事を言ってもいく。

でも誰かを比較をしてバカにしたりだとか、非難したりだとかは辞めようと思った。それに仮想通貨が今からすごい高騰したら今度バカにされるのは、それを非難していた人たちだ。

 

ネガティブはネガティブしか産まない。だからやっぱり意味がない。逆にポジティブはポジティブを呼ぶ。ネットの喧嘩で負けてもリアルが幸せならそれでいい。

仮想通貨があがって株も上がれば1番いい。それがいいんだよやっぱり。