共働きサラリーマンの家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

ホワイトデーあげたら嫁が珍しくデレた

スポンサーリンク
/ /

まあもうそういうのいらんのだけどな( ´_ゝ`)

平穏無事な毎日こそが僕にはいちばん。でも嫁の機嫌がいいにこしたことはないので良かった

f:id:shunpon:20170315181841j:image

 

結局、ホワイトデーはお花をあげた

 

結局今年のホワイトデーはチョコレートというか食べ物については全く渡さなくて楽天で買ったお花をあげた。

楽天市場はネットでは酷評されているけれど僕は月1回くらいは利用している。

amazonはprimeにも入っているくらいそのサービスに満足しているのだけれど意外と楽天の方が安かったり品揃えがあったりもしてどちらもうまいこと競争して共栄してほしい。

 

結局今年のホワイトデーに買ったのはフラワーキッチン自由ヶ丘というショップで売っていたピュアハートアレンジの花束。価格は3980円。

 

 

 

 実際にきて飾ってみるとこんな感じ

 

f:id:shunpon:20170315065705j:image

 

なんかちょっと小さくて花潰れてね?(・・;)

と写真見て思った。実際家に帰って見てみても自分の想像してたものより一回り小さいなあという印象を受けた。大きさって写真ではわからんから仕方ないかなー。

花のこと何にもわからないので花の大きさでしか評価できない悲しさ( ´_ゝ`)

 

けれど大事なことはひとつ。嫁さんが喜んでくれるか。

昨日のお昼に郵便さんがもってきてくれたようでお昼頃嫁からラインがきた。

f:id:shunpon:20170315065638p:image

 

 

もう水まで用意して飾ってあった。うちの嫁、ノリノリである

 

 

f:id:shunpon:20170315070426p:image

 

頭お花畑と言われても気にしない、スタンプがちょっといっちゃってる嫁。

喜んでくれたみたいで良かった。

これは夜はご馳走やねと思って帰ったらまあそうでもなかったけど( ´_ゝ`)

 

嫁さんは終始機嫌が良くていつも寝る22時になっても子供と布団に入ってくれず。

僕がFF14 にインしてもじっとテレビを見ているのでマジでやりにくかった。

ホワイトデーなに返そうかなー的な話をFCチャットでしていたら嫁さんが

『今日は誰にもホワイトデー返したらダメだよ🙅』という某エロゲみたいなこと言って少し怖かった。

まあ23時に嫁が寝てから返したんだけど( ´_ゝ`)

 

ブラックと言われる配送業だけど…

 

嫁に聞いたら荷物を持ってきてくれた郵便局のおばさんがニコニコ笑顔で渡してくれたようだ。そしてそれが、嫁としても嬉しかったみたい。日時的にも贈り主見てもまあだいたい何が入ってるのか想像つくもんなー。

 

配送業がブラックブラックと言われる中でほんの少しだけど身近に暖かいエピソード。

ちなみに僕は宅配便の再配達有料化について賛成派だ。ただし、配送業者も急にそれをしてしまうとクレームを多数受けることになってしまうのでルールを設けたらいいと思う。

 

1.チャイムを鳴らしてから60秒測りそれまでは待つ。(社内規則では65秒とする)

 

2.再配達無料宅配便というサービスを有料(300円)でもうける。贈り主がそれを選択すれば再配達は無料となる。

 

3.コンビニ受取については今まで通り無料化する。

 

こういったルールを遵守すればクレーマーも減りそうだ。日本人が無料のサービスにもあまりにもなれてしまったのは、こと物流においては産業障害他ならない。

再配達無料サービスという有料サービスを設けるのが何より急務だ。

買い手はたとえばアマゾンで物を買うときにオプションとして300円でそれをつけるか選択できるようになる。それをケチったという意識を買い手に思わせることが出来れば自然と再配達にならないようにその時間は家にいるように気をつけるだろう。

さあ物流革命を起こそうぜ、ヤマト、日本郵便、佐川、西濃さん方!

みんなで裏協定を組んでシステムを作り変えよう。携帯の大手3大業者だってやってる。MVNOのように新規参入業者がくる?

 

大丈夫だ。来ない(断言)。無意味な心配をしてはいけない。物流業界で今更新規参入狙うとこなんて、どうせ人がこないから勝手に落ちていく。

値段が高くなったって売上は落ちないし企業もホワイト化できるし悪いことなんてマジでない。さあやってしまえ。

 

 なんかいつの間にかホワイトデーから物流の話になっていた。

 

FF14 内のホワイトデーお返しは…

 

ミニオンとか、マウント?とか買える奴あったら喜ぶかなーと思ったけれど彼女はもうそういうのはいち早く集めてしまう人のようで、あげれるものがないことに気づく。

さあどうしよう、どうしようと考えていていたら彼女はよくクラフターでいることを思い出した。

それに使えるもの何があるかなーと考えたらトマトシチューという食事がクラフターの人の成功率?みたいなのをあげる効果があるとのこと。

HQ30個くらい送るかーヽ(*^ω^*)ノ

と思ってマケボ見たらNQで3000ギル、HQは1万ギルくらい。

あっ。…無理と思って

NQ20個だけ贈った( ´_ゝ`)

 

まあ喜んでくれたようで良かった。そして何故かそのお返しが来た。

なにこれエンドレス?(´-`).。oO

 

プレゼントとかしたことなかった昔

 

僕は独身時代からケチだった。付き合っていた彼女にアクセサリーとかを買ったことは一度もない。

人に物をあげることに対して自分に何のメリットもないと考えていたからなのかな。

 

相変わらずケチな僕だが最近それは変わって来た。というよりも、1人だけで心から楽しいと思えることが減ってきたのかもしれない。

美味しい物を食べたときに、あーこれ嫁さんに食べさせたかったなとか。

これ渡したら子供はどんな反応するかな?とか。いつもそんなことを考える。

 

そういうことに楽しみを感じるようになってきた。でもこの変化は自分にとってまあまあ心地いい。

 

花なんて、すぐに枯れてしまうと分かっているものを自分が贈るなんてなあ。

やっぱり人は1人では幸せになれないんよね。

こういうこと忘れずにこれからも生活していきたいな。

 

ちなみに、最近うちの子供はこのおもちゃに夢中だ。( ´_ゝ`)