共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

ウォーキングデッドシーズン3 まで見たので感想やらネタバレやら

スポンサーリンク
/ /

この記事は2017年11月24日に追記・編集をしています

いやー。。相変わらず面白い。

シーズン2からもそうだったけれどシーズン3は特にもう人間ドラマ中心に

正直ゾンビは5体程度なら

『ああこれくらいなら女性1人でもなんとかなるね。』

と軽く見れるレベルにゾンビは弱体化。というか人間が強くなって来た。

 

シーズン2くらいまでは、大きい音、銃声とかがしたからゾンビがいっぱい来てしまった。

銃は控えようみたいな感じあったんだけどもうそういう設定がだんだんなくなってきた。

・とりあえず盛り上げよう。

・よしゾンビ100体行きますか。

みたいな大人の事情も見えてくる

ただ、こういう細かい設定にこだわって海外ドラマを見てはいけない。とりあえず面白ければいい。

そしてウォーキングデッドシーズン3についても、なんかもう色々考察すると突っ込むべきポイントはあるがとりあえず面白い。

うちの嫁さんは

ウォーキングデッド見てるときだけはつわりを忘れる

とまで言った。

もう完全に意味不明発言だけどまあそれくらい面白い。

 

以下ウォーキングデッドシーズン3のざっくりネタバレ

 シーズン2の最後で大量のゾンビ襲来より逃げてきたリック御一行。

たどり着いたのは大量のゾンビがうろつく刑務所。

『逆に全部殺して仕舞えば柵もあるし安全じゃね?』ってことで武力の力で乗っ取り成功。

 

ハーシェルはそんな中、ゾンビに足をやられたがリック指示によりその場で切断。

以降あれだけメンドくさい親父だったハーシェルはリックをリーダーと認める物分かりいい爺さんに変化。ツンデレ爺。

 

そんな中でリック達とはぐれた元弁護士のアンドレア

幾度もの生命の危機を謎の黒人女サムライであるミショーンに救われながら共にある村へ辿り着く。その名はウッドベリー。

そこはフィリップ(以下総督)により守られた、人々が電気を使いシャワーを使い、それぞれの部屋まであり…何より自由に生活をしている場所だった

 

そしてそこには死んだかとも思われていたダリルの兄メルルがいた。

ここにずっといたいと考えるアンドレアだったがミショーンは総督に対して違和感を感じていた。一方、リックとダリルは元々刑務所の中にいた囚人達とイザコザを経て食糧を得る。

時を同じくして待機メンバーのいた刑務所内にゾンビの襲来。

Tドッグは肩を噛まれてキャロルの犠牲となり死亡。

絶体絶命の中でローリの陣痛はピークを迎える。

迫り来るゾンビ。

ローリは決断する

ナイフによる帝王切開をマギーに願い、赤ちゃんの誕生を確認。

その後、自分はもう助からないと伝えカールに自分の後始末を頼んだ。

一発の銃声が刑務所内に鳴り響く。

 

ローリを無くしたリックは悲しみ狂い彼女の幻覚を見るまでに錯乱していく。

ウッドベリーではすっかり街に馴染んだアンドレアをよそにミショーンは独りウッドベリーを出る。

メルルはミショーンの殺害を総督に指示されたが失敗。

その中でマギーとグレンに遭遇し彼らをウッドベリーに連れ去り拷問する。

ミショーンは命からがら刑務所へと辿り着き経緯をリックらに伝え、彼らを救いにダリルらと共にウッドベリーへ。

マギーとグレンは救出できたが代わりにダリルはつかまり、総督はミショーンを始末したと嘘をついたメルルの懲罰も兼ねて2人とウォーカーを共に戦わせる。

 

だがそこにまたリック御一行が助けに入り、ついにはみんなウッドベリーから逃げ出すことに成功。

ただしリックはメルルを仲間に加えることを拒みダリルはメルルと共に一時的にリックの元を離れる。

だがメルルがクソな奴過ぎたのでまた刑務所に戻ろうとする。

しかしそこは総督による襲撃により柵が壊れウォーカーが進入していた。

 

ウッドベリーではアンドレアが刑務所を執拗に攻撃しようとする総督に対して危険さを感じてなんとか人間同士の争いを止めようとリックに提案にいく。ただ錯乱状態でもあるリックは彼女を受け入れなかった。

アンドレアは総督を愛するが故また彼を殺すこともできなかった。

それでも何とかリックと総督は交渉の場を設ける。

その中で相対する勢力であるマルチネスとダリル、ハーシェルとミルトンの間には少しだけ雪解けがあり双方がこの戦いに疑問を持つようになる。

 

総督の出した条件。それはミショーンを引き渡す事

リックは始めそれを受け入れようとしたがミショーンを仲間であると考え直し、全面戦争の決意をする。一方、総督がどのみち刑務所の人間を皆殺しにするつもりと知ったミルトンは総督に対して更に不信感を募らせる。

その中でメルルはリックの改心を見抜いていており独断でミショーンを気絶させウッドベリーに向かう。

ただ、車の中でミショーンに人はやり直せると話を聞いたメルルは考えを改める。

ミショーンを降ろし一人ウッドベリーに向かい総督を殺しに行く。

だがすんでのところで総督に殺される。

総督はまた刑務所襲撃の計画を立て、それをアンドレアは刑務所に伝えに行こうとするが総督に捕まり監禁部屋に。

今度は兵士以外の民間人も連れてまたウォーカーを使っての襲撃をしようとする総督。だがそのウォーカーは仲間であったミルトンにより焼かれていた。

監禁部屋でミルトンは総督に殺される。

 

刑務所への襲撃はリックたちの作戦勝ちに。総督たちは一旦退避をする。道すがら再度刑務所へ向かえと指示を出す総督に対して反対する民衆を総督は皆殺しに。

リックたちが様子を見にウッドベリーにいくとそこにはウォーカーへと転化したミルトンにより噛まれたアンドレアがいた。

アンドレアは皆に別れを告げた後にミショーンが抱える元で自害した。

 

リックは錯乱から覚めて幻覚を見なくなる。

そしてシーズン2でいった『自分がリーダーだからみんな従え』的な発言をとり消す。『自分の道は自分で考えて決めよう』と。

そしてウッドベリーに残っていた住民たちを刑務所に引き取る。

 

最後にもう1回感想

 

簡単にまとめるつもりが長くなってしまった。

何だろう。ほんとアンドレア報われなさすぎて泣ける。リックが錯乱状態じゃなければ全てはうまくいったかもしれない。まあそれでも総督はその潔癖すぎる性格故にシェーン以上にコミュニティで問題起こしそうだけど。

シーズン1.2よりもそれぞれの登場人物に感情移入してしまっている分、悲しい出来事が多すぎた。

 母を撃つカールのシーンは正直見てられない。

シーズン3はアンドレアの心の機微も大きな見所だけれどもうそれ以上に。。

本当に小さい時から見ているぶんカールがシェーンやローリの死を契機として確実に変わっていく様子は子を持つものとして精神的にくる。

 

そしてなんかシーズン2ではめっちゃ萌えると言っていたグレンだったけれど、いっつもいっつもマギーとチュッチュしていたのでさすがにイラついてきたのは俺だけじゃないはず。

でも面白い。全16話あるが2週間もなくみてしまった。

今amazonprimeでシーズン7まで公開している。

続きが楽しみ。総督は怖いけれど何するかわかんなくて個人的には1番好きな敵キャラかもw

 

ウォーキングデッドを無料で観るには

下記Amazonプライムビデオの無料お試しを登録して1ヶ月経つ前に解約するだけの簡単な作業。解約し忘れると年会費3900円かかってしまうので注意❗️

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 

ただ正直なところ、Amazonprime会員になればこの作品以外にもゲゲゲの女房やTEDなどの人気映画が見放題になるし更新もしていくので課金する価値は充分ある。

もちろんCMを今ガンガン流しているドキュメンタルとかのバラエティも見放題。

100万曲以上自由にダウンロードができるamazonmusicも無料で使えるので僕はBIGBANGとラッドウィンプスの曲をこのサービスで聴いている。

まあまずは無料お試ししてこの作品を始め好きな作品を一通り見て、今後使わないなと思えば無料期間中に解約すればいい。

解約はすぐにできるから。

てなことでレコメンドしてみる。