共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

小さな不正も横領だよ

スポンサーリンク
/ /

この記事は2017年10月2日に追記・編集をしています

社員の旅費精算やら経費精算が毎週1000近くウェブ上で申請されていて、僕はそれらをチェックするのも仕事なんだけれど、まあ件数が件数なので全部は目を通せない。

そんな中、たまたま今日バーッとチェックしていたら小さな不正があった。

該当社員に電話をして申請を取り下げたら凄い不服な様子だった。

僕からしたら倫理に外れた行動なのだけどその社員にとっては何が悪いか分からないようだった。

 

 

自分の図書カードを使用した場合、会社にその分の金額を請求できるか

例えば、たまたま自分が親に図書カード1000円分を貰って財布に入れていたとして。

会社で必要と認められた本を1200円で購入した。図書カードを使用したので支払いをしたお金は200円。レシートには1200円分の本の明細と共に1000円分での図書カードでの支払いと200円分の現金の支払いが記載されている。

あなたは会社にいくら請求しますか?

 

うちの嫁さんに聞いたら1200円請求すると断言。でもこれは調べていくとグレーというかアウトのようだ。

ちなみにうちの会社はカード支払いはokだしマイルももちろんok。

 

悪気がないことでも悪用して不正にできるケースはたくさんある

先ほどのケースを良いとしてしまうと、実際にはまあありえないけど

・100万円分の本の購入を立て替えて一時的に支払うとして、95万円で100万円分の図書カードを購入

したと仮定すると。。

その図書カードで支払いをすれば立替えた人は5万円の特をすることになる。

もちろん経理としての立場でいうならば領収書にそれが分からなければいいわけだけど。100万円分の図書カードを100万円で購入した実績があれば何の問題も無い。

ただ図書カード100万円分での支払いとして95万円を払ったとそこに書いてあればどうしてもツッコミせざるなくなる。

『その図書カードを買った金額の立替えとなります』と。

例えばこれが楽天ブックからの購入で、

立て替えた本人に後から楽天ポイントが10万ポイントつこうとそれは僕の関与するところではないのでオッケーなのだが。

 

 細かいことをとやかく言いたくは無い。でも不正は会社にとっても全社員にとってもデメリットだ

小さな金額のことで細かくいいたいわけじゃない。

ネットでの購入を頼まれた際に、癖で端数分を楽天ポイントで支払ってしまったとか。あくまでそんなレベルであれば当事者とのやり取りで臨機応変に対応して行けばいいと僕は思う。

これも本来ダメだろうが。

 

ただ、あくまで社員が一時的にお金を立て替えたことでその人が徳をするようなことは他の社員にとっても悪影響となるんじゃないかと僕は思っている。

 

さあ本題。しょうもない不正を紹介する

 あなたの住んでいる市ではスーパーで買い物をしたときに、市内で使える有効期間ありの駐車場チケットを200円分くれるサービスをしています。

スーパーには駐車場もあるのでそのチケットが5枚、1000円分たまりました。

あるときあなたは、自分の勤務する営業所から本社への用事の為に車で本社へ行き駐車場を利用しました。用事が終わり駐車場での料金が1050円だったので財布に溜まっていた1000円分の駐車チケットと50円を支払いました。駐車場のレシートには1050円分の請求と共に1000円分のチケットによる割引と50円の現金の支払い明細が記されています。

会社への立替精算の請求はそのレシートを添付して金額は自分で入力します。

あなたはいくらの請求を会社にしますか?

 

 

いやあ、ここまで書いておいて僕も1050円の請求しようか悩んでしまったw

人間の欲って深いなぁ。