共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

軽自動車の広さランキングと僕が購入した車

スポンサーリンク
/ /

この記事は2017年9月12日に追記と編集をしています

広い車が欲しい。

子供を2人乗せても全然余裕があるような。

 

でも僕は運転をほとんどしない。(週1)

コスパ的には軽自動車しか買いたくない。

 

てことで広い軽自動車を探してみた。そして最低クラスの価格帯を価格.comで見てみた。

f:id:shunpon:20160908222527p:plain

 

 

1位 TOYOTA  ピクシスメガX  4334.7ℓ  135万~

1位 ダイハツ  ウェイクX   4334.7ℓ  135万~

3位 スズキ  エブリイワゴンPZ  4310.0ℓ  142万~

4位 三菱   eKスペースカスタムT 4130.3ℓ 156万~

4位 三菱   eKスペースG   4130.3ℓ   125万~

4位 日産   デイズルークス  4130.3ℓ 127万~

7位 ホンダ  N-BOX                  4120.2ℓ  119万~

7位 ホンダ  N-BOXカスタム 4120.2ℓ  148万~

9位 ダイハツ タントカスタム 4054.1ℓ  152万~

9位 ダイハツ タントG    4054.1ℓ  122万~

 

 

N-BOXのコスパ最強や・・・。。。

しかしミラクルオープンドアのタントも捨てがたい('Д')

 

 

そして僕は信じてる。

 

eKスペースもっと値下げこおおおい!!!

 

追記:結局僕はタントを買った

 このときはとても悩んでいたのだけれどその結果として僕は結局ダイハツのタントを買うことにした。スライドドアについては自動ではなくて手動であり、スマートアシスト2もついていない本当の意味でノーマルのタントだ。

カーナビとかいろいろ設定を加えて結局支払ったお金は138万円。安いのか高いのか微妙なところだろうか。

しかし実際のところ僕にはこれで十分だっだ。

 そしてこの買い物にとても満足している。

スマートアシストは本当にいらなかった。なぜなら僕はそんな長距離を運転しないし、結局のところその評判を聞くとみんな口々に言うのは『所詮軽自動車のシステムだからな』ということ。

そして自動スライドドアには本当にしないでよかったなぁと今でも思っている。その理由は壊れないから。

そして何より思うのは最近の車のスライドドアってとても軽いので十分子供を抱えてだってそれを開け閉めするのは簡単なのだ。使ってみて不便だと思ったことは本当にない。

軽自動車はいろんな機能が追加されているが結局のところ僕が求めるのはコスパだけ。

損のしない買い物をしてほしいと僕はおもう。