共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

簿記も英語の資格もないけど大手に経理で転職できた話

スポンサーリンク
/ /

f:id:shunpon:20170801224253j:image 

転職してから2年が経つので書いてみる。自分は一応2社の内定をいただく事ができた。

1社目は一部上場のメーカー。その名前をいえば、大抵の人が聞いたことくらいはあるだろうというところ。

2社目は非上場だけれどそれなりに大きな会社。

条件としては1社目が年収550万、2社目は年収400万ほどを提示された。

自分はあまり悩むことなく2社目を選んだ。

①転勤がない

②ジョブローテーションがない

③決算業務を税理士にアウトソースしている

という所が自分にとっては年収以上の大きなポイントだった。

これも共働きをしていた強み。自分にとってお金は大事ではあるが最大重要事項ではなかった。

嫁さんはそれなりに稼いでいて、自分に収入を求めなかった。

また自分は今の仕事大好きだから僕にも好きなことをして欲しいと言ってくれた。

それは僕の心を本当に軽くしてくれた。

それから2年が経つが今のところ自分は

・好きだった仕事をできていること

・自分の身の丈に合う会社に入れたこと

以上のおかげで仕事をすることがとても楽しい。長期休暇の時はそろそろ会社に行きたいと思うくらいに。

しかし今思うと何で自分は簿記3級も持っていなかったのに大手2社に採用されたのだろうか。考えた事がなかったので整理してみる。

 

  

資格より経験をみてもらえた

例えば『管理会計、原価計算経験のある簿記2級以上の知識を有する方』といった募集要件であれば話は違っていたかもしれない。自分はもちろんそんな募集には目もくれず簿記資格不問、また欠員でもなく業務拡大による補充への募集に応募をしていた。募集要項には経理経験のある方という書き方や業界経験さえ不問と書いてあるところも大手ですらいくつかある。

大手企業に採用されるには簿記2級は最低限必要だと募集要項を見ずに勝手に判断するのはとても勿体無い。

会社によって考え方もそれぞれなんだ。その記載が無いことは逆にチャンスだと自分は捉えていた。

経理という部署は不思議なところがある。その専門性や知識を求めるくせに、 それらをひけらかす人間についてはいけ好かないのだ。

自分は零細会社での経験を具体的な数字は控えますがと前置きして沢山話した。(後から聞くとこれは大事なことだった。)

・メインバンクに見放された経験談

・預金残高がその日にあると限らないから期日振込が怖くてできなかったこと

・補助金を得るためにニートを雇おうとしたこと

・何とか特別損失にできないかを考えて朝を迎えたこと

いずれも興味深く面接した人達は聞いてくれた。そりゃあそうだろう。大手企業に勤める人間からしたら異世界のような経験なのだから。

ちなみに、それらの経験を御社に活かせるといった話は全くしていない。

計数管理を規模がでかいところでやりたいとは言ったような気がするが今思うとあの頃は(今も)そんなレベルの知識などなかったし噴飯ものだ。

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

 

若かったのでポテンシャルを重視された

 

両者とも自分は内定を頂いたときにその意外さから理由を聞いた。

面白いなあと思ったのはそのどちらにおいても最終面接で、簿記1級税理士科目をいくつか取得しているような人がいたと言う事

そしてその話を僕に話す両社。(圧迫?w)

しかし面接者はどちらも、それらの人達について『税理士になればいいじゃない』と進めたようで。

もちろんそれができないから面接を受けている彼ら。その意見に対して論理立てた否定もしただろう。

しかし不自由なサラリーマンである面接者からすれば自由になれる資格を道半ばで諦める事(まあ、もう税理士になってもそうは言えないが)は非常にもったいなく見え、また結局物事を投げ出す人という捉え方をしたようだ。

自分も自営業をあきらめて逃げたのだから同じようなものだと話たがハートフルな体験談を何度も話したことからか、それとは違うと都合よく受け取ってくれたようだった。

彼らは勝手に僕のありもしないポテンシャルを評価したのだ。そしてそれが難関資格取得者に勝ることもある。人の評価に絶対的な基準などないのだ。

そういう意味で27歳という若さは大きな武器だった。採用者はきっとその若さに可能性を見出したのだろうから。そんなもの自分にはあるわけないのに。

 

簿記の知識がなくても経理はできるかと言われたらノーと言いたい

 

はじめてでもわかる 簿記と経理の仕事 ’17~’18年版

はじめてでもわかる 簿記と経理の仕事 ’17~’18年版

 

 (最新の経理の仕事が分かる本として1番おすすめの一冊)

 

以上の話をしていると簿記の知識がなくても経理はできると思われてしまいそうなので、そういうことではないと注意書きしておきたい。

会計や数字は嫌いだけれど内勤がいいと考えて経理になったとしたらきっと後から後悔することになると思うので。

経理業務をする中で会計知識はあった方が何より自分が楽だし、覚えていく必要もそれなりにある。ルーチンしかできない経理はこれからどんどん淘汰されていく。簿記を勉強しておいた方がいいのは間違いない。

しかしそれは簿記取得者であっても内容を忘れているようなら同じことだ。大事なのは今の知識。そしてそれを活かせるか。

ただいずれにしても簿記資格の範囲において実際の業務として使用する部分は非常に限定的。そんな事は採用側も分かっているからこそ、恐らく僕を選んだ大手2社は簿記資格を重視しなかったのだろう。

また、入社した後に自分が担当する業務において不足する知識があれば専門書をよんで勉強すればいいのだ。

もちろんそれは簿記だけの話じゃない。必要ならば英語のスキルを上げたりIFRSを学ぶ必要だって出てくると思う。

おそらくそういった部分での応用が臨機応変にできて、またチャレンジしていく精神があるかについても面接官は見ているのではないかと思う。

 

簿記資格なしで経理への転職を考えている人に言いたいこと

ホントにゼロからの簿記3級 『ふくしままさゆきのホントに』シリーズ

ホントにゼロからの簿記3級 『ふくしままさゆきのホントに』シリーズ

 

 (とりあえず何にも分からない人はこれから見てほしいと思う1冊)

 

確かに簿記の資格は2級まではあったほうが門戸は広いかもしれない。ただ何度でも言うが募集要項にその記載がなければどんどん応募した方がいいと思う。高い金を出して企業も人材募集をしているのだ。そこに嘘を混ぜても誰も得をしない。

簿記資格についての記載が募集要項にないということは、採用者がそれを必要としていないと脳内変換すればいい。

今やリクナビなどの転職サイトに登録すればエントリーなんて簡単にWEBからできる。書類選考に取られる時間なんて全然ないのだから迷ってる時間の方が勿体無い。チャンスを自分から潰す必要なんてない。とりあえず受けたらいい。

また志望動機や転職理由よりも自分が選考において最も面接者に見られたと思ったのは、5年にも満たない社会生活の中での自分のつたない経験だ。

知識がアピールできないのならそれ以上に相手の興味を引くような経験を話せばいい。そしてきっとそのほうが面接官も自分を知ってくれるし評価もしてくれる。

採用するのは機械ではなく人間だ。自分のように紛れが起きる可能性は普通にあるのだ。

今は世の中は超売り手市場。

不満を抱えていたり毎日が辛くてたまらないのなら乗るしかないんだ、このビッグウェーブに。

自分の記事を読んだ若者が経理マンになって幸せを掴んでくれたら嬉しいな。