共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

名古屋競馬でまた負けてきた

スポンサーリンク
/ /

f:id:shunpon:20170506073014j:image

お盆・正月・GWか。長期連休の間にプチ同窓会をする。といってもK君とY君と僕の3人だけ、中学校の時の同級生だ。お互い部活が同じだったわけでもないし高校も違っている、ましてや進路も。

よく続いているなーと思っているんだけどいつの間にか社会人になって7年の間毎年定期的に開催されるこの同窓会。友達の少ない僕にとっては、とても貴重で楽しい時間だ。大抵は笠松競馬に行ったり夜の焼肉だけだったりと色々なんだけれど、5月4日は名古屋競馬が開催日だということで2年ぶりくらいに名古屋競馬に行ってきた。

いつものようにK君がわざわざお家まで送り迎えしてくれた(/・ω・)/

 

車の中でK君は超リア充自慢をしてきた。休日はパチンコか海外ドラマくらいしか見てなかった人間が

『昨日、岐阜に彼女とサイクリング行ってきたわ』

なんだとぅ。。ありえないんだよなぁ。。まだプロポーズはしていないけれど彼女から

『籍は2月に入れたいから逆算してプロポーズしてね』

と言われているらしい。逆算てw。

 

はじめて親と彼女を会わせるとき、親側に気をつけてほしいただ1つのこと

f:id:shunpon:20170506073110j:image 

明後日彼女はK君の親と初めて夜ご飯を食べにいくということ。はじめて会ってご飯食べるのが焼肉っていうのはK君の親らしくていいなーって思った。

弟くんは行くのを嫌がっていたらしいけれど『将来家族になる人と会うんだからお前もくるんだ』とお父さんが言ったらしくて一家勢ぞろいでの焼肉に彼女は参加するらしい。

お父さんは僕も知っているけれど割とお調子者の人なのでK君は変なこと言わないか心配していた。この辺は自分もそうだったなー。彼女を親に会わせるのって結構大学の時から僕は頻繁にしていたけれど、親ってのは言わないでいいことを言うから厄介だよね。でも一番嫌だったのは自分のいる場所で僕の事を親が褒めることだったw。これは相当きつい。マザコンorファザコンだと彼女に思われるし正直そんなことを親が話してるとき俺はどんな顔をしてたらいいんだよwって思ってしまう。

まぁ相当確率は低いと思うけれど、もしこのブログを読んでいる人でこの先の予定に自分の子供の彼女or彼氏と会う予定の人がいたら気をつけてほしい。

子供の彼女の前で我が子を褒めるほど、苦笑いしか起きない行為はないぞ!!

 

名古屋競馬はGWでも結構すいていたが子供連れはおススメしない

f:id:shunpon:20170506073136j:image

そんなしょーもない話をしてたら40分くらいで名古屋競馬場に到着して現地集合のY君と合流。連休だけれど無料駐車場は一番近くがまだ空いていたので良かった。門には結構な人だかりがいたけれど僕らはとりあえず外の無料席へ。ゴール前結構素敵な位置で席どりをすることができた。

GW中でも過疎化の進む名古屋競馬はそこまで人が多くなかった。嬉しいやら悲しいやら。レース時間となる11時を過ぎても僕らの前の席が埋まることは特になくてポツポツと人がいる程度だった。ただ、割と子供連れの人たちも多くてヤギがいたり小さな子供への乗馬体験があったりと楽しそう。ここならアクセスも悪くないし嫁と子供連れて数レースか一緒に見に行くのも悪くないかなーと思った。どんな肉つかってるかわかんないけれど100円の串カツやらドテ焼きっておいしいし嫁もああいうB級ジャンクフード嫌いじゃないしなぁ。

だけど大きな問題があった。それはタバコ。

最近はあまり見なくなった路上喫煙やポイ捨て。それが名古屋競馬場では普通に行われている。実際僕らの座った無料席の前々列のおじさんもタバコを席で吸ってそして吸い終わると地面へと投げて靴で火を消していた。ヤギがいて子供もまばらにいる小会場の場所でも平気にタバコを吸って子供の顔の目線にそのタバコの火を抱えている人がいる。

何だか惜しいなぁと思った。運営する側はイベントを企画して地方競馬にもファミリーや若い人を多く増やそうとしている努力が見えるし、おそらく地方競馬ファンだってその盛り上がりを願っているはず。でもそこに参加する人のマナーがそういった努力を台無しにしちゃってて。やっぱりこの場所はダーティーなところなのかな?っていう印象を与えてしまっている。うん惜しい。

 

5月4日の名古屋競馬は結構荒れてもちろん負けた。

まぁ僕はいつも負けるし仕方ないね。K君とY君は競馬新聞を買ってよくわからんが自分なりに予想をしてかけている。僕は競馬新聞は買わない。ケチだからではなくてそのお金+αで僕は予想屋さんから1日予想を買うのだ。

今回はKAZさんという方の1日予想を買った。お値段700円。

僕は競馬予想に一切の自分の思いをはさまない。KAZさんの予想に従ってマークシートをつけていく。みんなには、それ何が面白いの?と言われるんだが競馬予想に面白さを求めていないので別にいいじゃないかと思っている。予想された馬を応援する行為が楽しいので僕は競馬を楽しんでいるのだ。とはいえいつも僕は負けている。全く持って理にかなわない。

予想屋さんの予想は大負けはしないがだいたい1日終わると掛額の70%くらいがかえってくるという感じだ。しかし予想することに楽しみを感じれない僕はいつもこうしている。

 

同窓会競馬でのルールがある。それは勝っても負けてもみんなで山分けという糞ルール

これがなかなかクソでね。

・1人1日11,000まで負けていい(競馬場は1日11Rなので)

・勝っても負けても正直に申告して最後は全てやまわけ

この2つのルール。

僕は毎回1Rに1000円をかけるしYくんもいつもそう。

K君だけが毎レース1,000円をかけるけれど、最終レースは勝っていようが負けていようが多額投資するという感じ。

もちろんこのルールを守ってさえいればいいので途中で10万勝っていたとしても最後に11万かけるのはその人の自由だし口をはさんではならない。

最終レースにK君が買った3連単の馬券1口1,000円が写真判定となって僕らは

『これは、まくった!!やった!!K君金津園いこう!!』

といってたんだけど判定の末ダメだった。マジ残念すぎる。

そして最終結果は

僕△3,450円

Yくん+7,600円

Kくん△5,250円

 となった。前述したこのルールがクソなところはここから。最終レースが終わった後僕がきちんとみんなの結果をまとめて精算を行う。今回はYくんがそれなりな勝利をおさめたので僕らにお金を配布するわけだ。僕に3,050円を渡してK君に4,850円を渡す。

勝ったのにお金を払わないといけないY君はとても可哀そうだがいつものルールなので仕方ない。ちなみにこのルールで僕は一度も2人に対してお金を払ったことがない。

つまり僕は勝ったことg(ry

以上より最終の精算額は

僕 △400円

Y君 △300円

K君 △400円

となった。

毎回僕は『わるいね^^』と言っている。いつか言われる日はくるだろうか。しかしY君は本当にいい奴で『今日は数百円でめっちゃ楽しめた!』と心から嬉しそうだった。

 

焼肉と帰りの道ではなしたこと

あみやき亭に行った。安いんだけどたいしておいしくないんだよなーここ。やっぱり焼肉はマルイチ食肉センター一択ですわ。

Y君は最近結婚したばかりなので結婚生活を家事を含めてとても楽しんでいるようだった。子供できる前の結婚生活って融通きくし楽しいことしかないよなー。

自分にもこの時期があった。奥さんが年上だったのもあって割と早く子供作ったけれど。結婚してまだお互い若い人は正直そんなに早く子供つくらなくて二人でしか行けない場所にいって色々思い出作るのもいいんじゃないかなーって思う。

Y君のお嫁さんのお家は金持ちっぽくて再来週二人は結婚式があるというのにオーストラリアに友達と行っていた。そしてその旅行の空港へのお迎えするY君はマジで優しい。

親が金だしてくれたんやろーなー(∩´∀`)∩ええなーと帰りの車で2人、K君と話していたら珍しくK君が『旅行の費用は自分で稼いだ金で行くのが一番ええけどな』と殊勝なことをいった。

転職する前K君はそれまで稼いだお金で海外に一人旅行に1月ほど行っていた。

『自分で汗水たらして稼いだお金だからこそ無駄にはしたくなくて、旅行の日程や内容について必死に考えたり調べたりするけど、親が金出してくれたらそんなこと考えず惰性で行ってただろうなー』と言っていた。K君っていつもしょーもないことばっかいうけど結構いろいろ考えてるんだなーって思った。

 

彼女に下ネタ言えるようになったらもう勝ちやね

話は変わるけれどK君は最近彼女に下ネタを言えるようになってきたらしいけど毎回ドン引きされるらしい。

この前は彼女が下着を買う前に試着をするという話を聞いて、『それってガッキーがつけたヌーブラを俺がつけたら実質S〇Xしたってことになる?』といったらしいけれどこれはこっぴどく叱られたそうだ。ならねーよ(´゚д゚`)

そんな話をしていたらK君が車の中で驚きの発言をした。

『ガッキーのヌーブラをバンドエイドにしてー』

もう全く意味わからんけど爆笑した。

 

今度3人で会うのはお盆かな。次は絶対競馬勝ちたいから、予想屋さんの予想があたってくれるとええな。