共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

100記事でPVが伸びないないなら150記事にしても伸びませんでした

スポンサーリンク
/ /

f:id:shunpon:20170424175933p:plain

 

ブログのPVの話。まあ何となくは感づいていたけれど( ´_ゝ`)

スマホで書いただけの日記ブログで稼ごうなんて甘い考えは、捨ててしまった方がいいのかもしれない。稼ぎたいなら特化するべき。だが僕にはそんな根性はない。

これはもう仕方ないこと。

1ヶ月5,000PVとかいうワードで検索をすると結構多くのブロガーが初月からクリアしていたりする。そしてありがたい『Howtoアクセスアップ』を丁寧に教えてくれるんだ。

 

全く僕にはとうてい理解できないよ。

君らが容易く1ヶ月で達した5000PVという数字に僕は半年かけてたどり着いていないわけで('Д')

そして彼らは3ヶ月目くらいにはもう万単位の収益に結びつけていて。。。

僕は地団駄ふむことしかできない

 

 

 

100記事から150記事にしたアクセスの推移

 

 1日130PV程度だったアクセスが200PVを超える程度には成長した。しかしこれはブログランキングによるところが大きい。

記事数が1.5倍になったところで検索流入は1.3倍程度にしかなっていない。新しい記事はgoogleからの評価も受けやすいのか検索順位は上がるが古い記事はどんどん他のサイトの新しい記事に落とされていくのでイタチごっこ感がある。

ロングテールという言葉を過信していた。定期的にリライトでもしない限りいつかは今アクセスを集めている記事も落ちていくわけだ。

不労所得とは何だったのか(^-^)まぁ甘くないよね。

 

文才もないのに記事だけ書いてれば日記ブログでもアクセスは伸びるとかいう過信

 

いやー自分で書いた見出しのくせに痛烈でおかしくなっちゃう。どМだからええけど(/・ω・)/

Googleは賢い、そして読者も賢い。まともに考えて一般人が自己満足のためだけにつけた日記を読みたいかと思うかと言われるとまあ難しいよね。

有名人やよほどの文才がない限りさ。

後者はなかなか見つけにくいがフミコフミオさんという有名ブロガーがいるので参考にどうぞ。

delete-all.hatenablog.com

これくらいの文章が書ける人なら日記ブログでもPVは伸ばせるだろうし稼ぐことができるだろうなと思った。

単純におもしろいんだ。何一つ有益な情報がない(褒めている)のに面白い。

こんな面白い文章がよくここまで書けるものだ、定期的に。嫉妬ですよ嫉妬。

 

しかしそれでも中途半端にアクセス集めるだけのブログにするのも嫌だった

 

まあ、あまのじゃくだからなあ僕は。これも仕方ない。性格だから。

あくまでブログは自分の為に書きたいし好きなことを自由に書きたい。この場所だけは誰かに迎合するためのものではありたくない。

自分が今思っていることを後になって振り返ってあの時こういうこと考えていたんだとか笑ったり。

家族とのお出掛けや買い物をなつかしんだり。

自分の生活や趣味にとって有益となる情報をメモしておいて後から見れたりとか。

これこそが僕のブログを続ける源泉であることに疑いはなくて。

やっぱりそのスタンス崩しちゃうのは違うのかなーって思っている。

何だろうなぁ。

そこを崩してアクセスの為にブログをしてしまうと結局のところ

ブログの収益化という命題の為にまた、会社とは違う場所に自分の時間を売っているような気がして気持ちが悪い。

 

トレンド記事を書いてアクセスを集めても後悔するだけだった

でもブログを見てほしいという欲求があることからは避けれないし、収益化だってしたい(今は全く無広告)

ブログ収益化の目標と文才の無い日記ブログの並行実現。その相反する狭間の中で僕は生きている。

いわゆるトレンドものってやつかな。実はそういう記事でプチバズを経験したことがあった。それからしばらくの間、あの麻薬のような一時的なアクセス欲しさに、一過性の記事をいくつか書いたことがある。

しかし、ネット世界には同じようなことを考えるライバルがいっぱいだった。そういった記事をニワカ知識であげたところで数百のアクセスが1日や2日あるだけですぐに終わってしまうのだ。また、自分としてもブログを振り返って全くそれらの記事を見たいという気持ちにはならない。まさしく何も得られなかった。

 

悲しいことにSNSや読者登録に感じる息苦しさが僕にはある

他人にあまり興味がない僕のような人間にとって、人のブログを定期購読するという行為は割ときついものがある。

Twitterなら大丈夫かなとも思ったが同じこと。やはり人のツイートにたいして興味がわかないので誰かのツイートに反応することもほとんどなかった。

読者登録を相互にしてアクセスを交換したりTwitterでどんどん人に絡んでいきフォロワーを増やすということもPVを上げるために有効な手段であることは知っている。

しかしそれについても、ブログの収益化という命題の為にまた、会社とは違う場所に自分の時間を売っているような気がして気持ちが悪かった。(大事なことなので2回ry)

※所詮弱小ブロガーの言うことなのでこれを見ても気を悪くしないで欲しい。これらができることもブログのPVを伸ばすためには大事なことの1つだと思うし、僕の場合コミュ症を拗らせていてできないというだけだから。

 

また、これらの行為はブログに対して自分の好きなことが書けなくなるor書きにくくなるなと思った。

なまじ相手の事を知っているばかりに

『こういったこと書いたらあの人にとって心象よくないだろうな』とか考えてしまうのはちょっと自分の思う本来のブログのあり方と外れるのかなーと。だったらSNSやったほうがいいかなと。

 

しかし僕はこんなこと言いながら自分が書いた記事にスターがつけられたりはてブがつけられるとめっちゃうれしい。またほしいと思ってしまう。だからこそ自分の中で決めたことがある。

それは2つだけ。

はてブやスターをくれた人に対して機械的にお返しのはてブとスターをつける。

②偶数の日は広告をクリックしてあげる。

 

①は会社にきてPCを立ち上げたら同時にやることをルーチンとすることで苦にもならなかった

②は毎日すると身内と思われクリックが無効になるという話を聞いたので偶数の日だけとした。

これだけやれば罪悪感も消えるのでちょうどよかった。本来の用途とは違うのだろうが。なかなかお礼のアドセンスクリックする人はいないだろう( *´艸`)

 

 

これからどういうブログにしていきたいか

もうスタンスかえないでこのままやっていけばいいかなーと思った。自分の書きたいことを書いて後から見返すのってとても楽しい。

それに、なんとなくだけどこのまま続ければ月に10,000PVくらいまでなら乗せていける可能性はあるんじゃないかなと。

さっきロングテールを過信しすぎたということを書いたけれど、ロングテールは確かに存在はする。薄皮を3枚重ねて2枚剥がされるような感覚だがゼロではない。 

だからまあ月に10,000PVくらいなら可能な予感がしているので来月から独自ドメインとってはてなProにしていこうかなと思う。

目指すは月間収益1000円。あーブログって面白い。