共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

自由自在!クリスマスツリー タペストリーのおすすめと半分手作りの我が家の感想

スポンサーリンク
/ /

f:id:shunpon:20171118131704j:image

じゃーん!

どうだこのクリスマス感。無加工だからねこの写真。

部屋を明るくするとこんな感じになって

f:id:shunpon:20171118131713j:image 

LEDの電球を消すとこんな感じになる

 f:id:shunpon:20171118131732j:image

少し前に買ったクリスマスツリーのタペストリー

ここまで雰囲気が出てインスタ映えもするなんて思ってもみなかった。意外な発見だったのでブログで今書いている。

正直なところ買う前に僕たちは仕方なくそれを選んだ。

本当はクリスマスツリーが買いたかった。でも

・2人の子供が0歳、1歳と幼すぎること

・我が家は一軒家だけれど庭がないこと

そんないくつかの理由からちょっと今はまだそれを買えないなと話し合った。そして買ったのがクリスマスツリーのタペストリー。

 

我が家の半ぶん手づくりクリスマスタペストリーはこんな感じ

まずはこんな無機質のもみの木の壁掛けから

壁に画鋲で貼るのは恐いので、あとのつかない両面テープを合わせて購入。こんな感じで貼っていく。

f:id:shunpon:20171118141650j:image

次はイルミネーション用のLEDライトを購入した。Amazonプライム会員なら送料込みで安く買える。

実はこれだけでかなり雰囲気が出る。

リモコン付きで明るさや光り方の調節ができるからこれからもイベントごとに活躍できそう。しかも防水、外でも使える。

 

ライトを買ったら次はオーナメントを選んでいこう。これはネットで買うのは高いので100均で購入した。楽天とか見ると大きかったり可愛いのは確かに多いんだけどね。

 

そしてそれらをタペストリーにくくりつけていくわけだけれど、その時に役立ったのが100均で買った2種類の磁石

f:id:shunpon:20171118141515j:image

画鋲をとにかく使いたくない為に産まれた発想。

2つの磁石で壁掛けを挟む。

そしてそこにオーナメントやLEDを引っかけるようにつるしていく。これで全く画びょうを使わないでいい、僕らだけの半分手づくりタペストリーは完成だ。

f:id:shunpon:20171118131704j:image

かかった費用は総額5,000円しないくらいかな。

決して安いとは言えないけれどクリスマスツリーを買えない我が家にとって、この幻想的な明るさは家の雰囲気まで照らしてくれる

なかなか素敵なお買い物だ。

 

クリスマスツリーのタペストリーのおすすめを紹介

 

クリスマスツリーのタペストリーなんて今まで全く考えたことがなかった僕。

でも色々調べていくとおもしろい商品がいっぱいあったのでネットでも購入できるそれについて少し紹介していく。

 

電球がついているクリスマスツリータペストリー

 はじめから照明がついてるこのタペストリーなら別途でLED照明を買わないでもいい。価格が5,000円以下なのもポイント高い。

可愛い!ちょっとしたクリスマス感。コットン100%タペストリー

 クリスマスだからってわざわざ大げさなことはしたくない。でも少しはイベント感、季節感を出したいっていう人におすすめなタペストリー。価格も手ごろだ。

 

洋食店の雰囲気に。大きくてインパクト感あるタペストリー

サイズ感がすごい。上下にパイプがついて、紐までついているタペストリー。吊るすだけでクリスマスシーズンの洋食店みたいな雰囲気になる。

 

デコレーションは自分でしたい!自由自在に装飾できるタペストリー

ちょっと大きいからこれよりサイズが小さいのがいいって人には146cm×90cmのこのタペストリーの方がおすすめ。自分もそのサイズ。でも今思えば、ツリーと違って収納幅を取らないのがタペストリーのいいところ。

大きいほうがテンションあがる

 

ツリーがなくてもクリスマスは楽しい!

結局のところ自分が言いたいのはこれだけ。

今年はツリーやめとこうか。

そう言いながらも残念そうにあきらめていたウチの嫁さん。でもこうしてタペストリーが来て、LEDが来るとその時の気持ちはどこへやら。

ウッキウキでオーナメントを買いに行って息子と楽しくデコレーション。

 

完成されたものを見るのも楽しいけれど、こうやって手作りしていく楽しさってのもクリスマスツリータペストリーのいいところだ。

我が家は少し早いクリスマス気分を今から楽しんでいる。