共働きサラリーマンの家計簿

共働きサラリーマンの家計簿

トランプ相場で稼いだお金は家の頭金に全て消え気づけばもう30歳間近。経理として働きながらも0から始めたインデックス投資と家計簿の再出発の記録です

実際問題、ほったらかし投資ができていない【NISA投資信託/確定拠出年金】

スポンサーリンク
/ /

f:id:shunpon:20170601210200p:image

あなたがすることは

①積立日②積立額③商品

この3つを決めるだけ。それだけすれば十分です。

あとはもう一切証券口座の画面なんて見る必要はありません。資産は勝手に育ちます。そんなことに時間を使わず有意義な人生を過ごしましょう。

何だよ有意義な事って( ´_ゝ`)

別にこの言葉が間違ってるとか、騙してるとか言うつもりはないんだけれど。僕は実際問題ほったらかし投資ができている人に会ったことがない。

そして自分も出来ていないと思ったのでちょっとほったらかし投資について考えてみようと思った。

 

 

ほったらかし出来ていることと出来ていないこと

もちろん全ての部分においてほったらかし投資ができていないとはいっていない。むしろ、手動での売り買いという行動においては確かにしていない。

ほったらかしできていること

積立に関する変更(積立日やら積立額)は一切していない。

商品に関する変更。売ったりすることやスイッチングについても一切していない

ほったらかしできていないこと

今までしていなかったのに積立始めてから毎日資産額と国際情勢をチェックするようになった。

|・ω・`)チラッッ|・ω・`)チラッッっと月次で積立している投資信託であるi-mizuho米国株式の資産額をマネーフォワードで確認してしまう。

そして寝る前にNYダウの平均株価までチェックして寝ている僕はどう考えても

ほったらかし投資できていないんだよな

情けないけどブログって本音を言う場所だから仕方ないね。できていないんだよね、ほったらかしが。

 

何故自分はほったらかし投資ができないのか。それには多分2つの理由。

インデックス投資に出会った時に僕は思ったはず。

・これで投資のこと考えなくて済む

・分散投資でリスクヘッジもできるから最大リターンは得られなくてもいい。世界情勢なんてのも勿論知る必要もない

でも結局上に書いたように毎日何かしら投資のことを考えているわけで…。元カノが忘れられない女々しい男みたいになってる。

何でこんな状態になったのかを考えた時2つの問題に行き着いた。

 

投資とは長旅、共に歩むものとか言いながらも結局は金儲けしたいから

投資は長旅です、良かったり悪かったりすることは往々にしてありますが一喜一憂せずき共に歩んでいきましょう。

みたいな事を良くインデックスブロガーさん達は仰られていて

『ほえーなるほどなあ』

って思ってたんだけど正直自分はそこまで達観できないなーと実際に積立をしていて思った。

というか長旅だからこそ今まで投資によって稼いできた額について、いつか手痛いしっぺ返しを食らうんじゃないかと思うほど。

どう考えても今のアメリカ、日本の株価は実体経済に対して上がりすぎている。そして世界情勢が絶対的に安心といえばそうでもない。

それが分かっているのに自分が現在NISAに毎月20万ずつ積立てをしている投資信託はi-mizuho米国株式インデックス。矛盾してる( ´_ゝ`)

破滅の予感はするんだがブレーキをかけるポイントが不明すぎてつらい。投資は旅じゃないよ、自分の寿命がわからないんだから目的地が見えない。

ぶっちゃけた話、今バブルがはじけてくれるのはまだいい。僕も嫁も働いているから。

怖いことは積立をし続けたとして。自分が現役でなくなったときに暴落が来ること。

ダウはバフェットが言うように100000ドルを超えるかもしれない。でもその後に10000に落ちない保証はない。つまり死ぬまでほったらかせそうにない。

 

f:id:shunpon:20170517000541p:plain

だからと言って国債積立に変更するかといわれても一度甘い汁を味わってしまうとさすがにそれじゃあつまらない。

8資産バランスってのもいいかなーと思っていたんだけど。

8資産バランスにおける日本債券以外の7つの資産クラスってアメ株暴落したら全部終わりじゃない?と思っているのでそれもやる気にならない。

本当にほったらかししたいんだったら、国債とコモディティで5割、全世界株式で残り5割くらいの積立をして基準価額の変化なんて一切見ないことだと思うのだけれど。

結局自分が今i-mizuho米国株式インデックスに投資してる理由って『儲けたいから』他ならないんよね。

そりゃあほったらかし出来ませんわ。

 

自分のお金は大事だから

投資はなくなってもいいお金でしかやってはいけませんと言う言葉。

言いたいことは分かるんだけれど、本当になくなってもいいお金なら世界の飢えている子供達のために募金でもしたらええやん。

と僕は思う。

なくなってもいいお金で人は投資なんてしていない。当面はなくても困らないお金というだけ。

ほったらかしにしていようがいまいが自分の口座からお金は引き落とされる。

そして毎月20万の引き落としが起きているのに気にしないっていうのは僕には無理だ。本当にほったらかしができるとするならそれこそ楽天ポイント毎月100ポイント投資みたいなものくらい。でもそれって結局資産形成にならないから意味ないんだよなぁ。

 

以上二つの理由で僕はほったらかし投資ができていない。 

 

意外と周りもほったらかしできていないんじゃないの

みんな加熱しすぎている市場に対して警戒しているようなことを言っているから今は安定資産が人気出てるんかなーとか思った。

そして気になってeMAXISの資産クラスごと総資産額の推移を見てみたら全然そんなことなかった。

f:id:shunpon:20170516234331p:plain

国債が下がればみんな国債への積立をやめたり売っている事がわかるしダウが上がっていればみんなそこにまた積立しはじめている笑。今は新興国株式とかやってるのかなw

国債のインデックスファンドなんていうのは儲け目的でなくてリスクヘッジ目的にするものだから情勢が少し変わろうと積立する人は減らないと思っていた。

でも実際はマイナスに少しふれただけで急に積立をやめたり売ったりする人がいっぱい居たんだ。

ほったらかし投資は幻想なのかもしれない。

でもこれを見て安心した。

みんなお金儲けしたいんだよやっぱり。

いつ下がるか分からないこのチキンレース、僕も行くとこまで行ってやるぜ*(^o^)/*

暴落したら言い訳しよう。

ほったらかし投資だからって(゚д゚)